文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

感謝を捧げる日

  0 comments   0 trackback


本日、3月9日は 『感謝を捧げる日』 です。




なんでかって?




だって・・・















サンキュー (39)








だから (*´ω`*)
(あ、なんか発想が昭和?おやじ?)





とにかく。






ありが党員としては、バシッと決める日でしょ~(^m^)




ありが党 党首文太です


ほんと、毎日家族仲良く幸せな毎日を送れていることに感謝感謝ですし、
文太にも幸多にも毎日「ありがとう」と伝えることは欠かしません。

でも「誰かや何かに感謝する」 っていう感覚は、
実は人間だけのものだと思うんですよね。
犬や猫は人間には感謝していないと思います。

いや、「感謝していない」と言えば語弊があるんですが、
「好き!」とか「嫌い!」という感情や、快・不快はあっても、
なんていうか「今のボクがあるのはおかあはんのおかげ」みたいな
観念はないと思うんです。



お布団大好き文太


干したてのホカホカ布団を見つけると必ず上ってそこで寝る文太。
多分、こんな生活が当たり前だと思っているんだろうな~(´ー`*)


ひっくり返る幸多

いつも温かい場所でひっくり返って寝ている幸多。

雨の日や雪の日に安心しきってお腹を出して家で寝ている姿を見ていると、「あのとき幸多に出会えて、温かくて安心できる場所を与えてあげられて本当によかった。」と思います。


でも、それは多分自己満足なんですよね~。

当の本人は「いやぁ~、おかげで路頭に迷わなくてすんだよ、おかあはん君。ありがとう!」なんて、これっぽっちも思っていないはずです。

それどころか「頼みもしないのに勝手に拉致されたんだから、外で狩りが出来ない代わりに外と同じぐらい遊べる場所を作ることも、狩りごっこをすることも、ご飯くれるのも当たり前にゃー!」って思ってるに違いありません(笑)


その代わりに、犬や猫は「これをしてやったんだから、ありがたく思いたまえ。」みたいな、見返りを求めることもありません。

だからこそ、彼らの想いはいつも純粋で素直で
温かいんじゃないかなぁ、と思うんです。


だから、いいんです。自己満足でも。
文太と幸多が幸せでいてくれれば、私も幸せだし
これからもふたりには感謝し続けます (*^_^*)


文太と幸多


いつもいっぱいしあわせな気持ちをくれて、サンキュ。



==============================
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ 
--------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
==============================

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/683-2b6e25f7