文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

犬を殺すのは誰か

  6 comments   0 trackback

だいぶ前の話なんですが、夕方のニュースで仔犬や仔猫のネット販売でトラブルが続出している、という特集をやっていました。

そのときにやっていたのは、「仔猫を買ったら、2ヶ月だと聞いていたのにもうすでに成猫で、しかもお腹に子供がいた」「病気はないと言っていたのに、重篤な症状があってすぐに亡くなってしまった」というようなトラブルでした。

それに対する業者の言い分は「手違いで違う猫を送ってしまった」「うちにいたときは病気はなかったので、搬送の過程で病気になってしまったのでは?」というようなものでした。

亡くなった猫の飼い主がインタビューに答えて「けしからん!大損害だ!」というようなことを言って怒っていたんですが、正直全く同情できませんでした。(飼い主には。)

業者に会って人となりを確かめることもなく、実際に仔犬や仔猫に会うこともなく、健康状態を確認もせずに、ネットでモノのように命の売買をする気持ちが私にはどうしても理解できません。

そんな詐欺まがいの金儲け主義の業者の犬や猫(仔犬・仔猫・親犬・親猫)たちが、どのような環境で過ごしているのか、想像に難くありません。

それでもそのような問題のある業者が仔犬・仔猫の販売を生業にできるのは、そうやって簡単に買う人間がいるからです。金銭のやり取りだけを考えればその飼い主は「被害者」なのかもしれませんが、一方でそのような問題業者を生む「加害者」であり、本当の「被害者」はそのような状況で売買される犬やネコです。



先日、ずっと気になっていた本を読みました。

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇犬を殺すのは誰か ペット流通の闇
(2010/09/17)
太田 匡彦

商品詳細を見る


アエラの記者である著者が2年にわたって取材した記録をまとめたもので、巻末には全国106の自治体からの犬の引き取りや取り組みなどに関するアンケートの回答をまとめたもの、主要自治体の「捨てられた犬の種類」のデータも掲載されています。

ただ単に殺処分される動物を取り上げるのではなく、「蛇口」である犬の流通のしくみに迫っています。なぜなら、保険所に持ち込まれ殺される犬や猫は、無責任な飼い主によるものだけではなく、業者によるものも少なくないからです。

お涙ちょうだいの感情に訴えるものではなく、取材で明らかになった『事実』が淡々と綴られており、それゆえ余計に読み進めていくうちに心臓が雑巾しぼりされたようにぎゅぅぅぅぅっとなります。

ただ、悪いことばかりではなく、この問題に真剣に取り組もうとしている人たち(ペット業界の人間も含め)がいるということがこの本で分かったことは救いでした。


悪徳ブリーダーや業者を取り締まるために、本年度2011年に動物愛護法が改正されますが、法律を改正するだけで不幸になる動物がいなくなるとは思えません。詐欺罪があっても詐欺をする人間はいるし、死刑があっても殺人はなくなりません。

悪徳業者をなくすためには、「簡単に儲かる仕組み」を変える必要があるし、それができるのは法律ではなく、私たち『買う側の人間』です。


不幸になる動物をなくすためには、まずは辛い現実に目を背けずに事実を知ること、これが大切な第一歩ではないでしょうか。

ガラスケースに入れて売られている2ヶ月にも満たない犬や猫たちが、どのような経緯でそこにいるのか、その先には何があるのか、大切なことを教えてくれるとても貴重な本でした。


最後に、その本に書かれている締めくくりの言葉をご紹介します。

筆者が一連の取材を通して出会ってきた犬たちの多くは、もうこの世にはいない。流通・小売業者によって幼くして親犬から引き離され、無責任な飼い主に買われ、そして捨てられた。その最後は、ほとんどの場合、冷たい箱のなかでの窒息死だった。業者によって自治体に持ち込まれた犬たちは、短い一生を狭く、そして時に不潔なケージのなかだけですごし、殺処分されていった。

私たち人間の取り組みが一日遅れれば、その一日で数百匹の犬の命が無為に失われる。こんな理不尽なことを続けていていいはずがない。犬たちの声なき声を拾えるのは、やはり人間なのだ。

(緑色部分は犬を殺すのは誰か ペット流通の闇より引用)


少しでも多くの人が日本のペット流通の事実を知り、飼い主全体の意識が高められることを願ってやみません。



==============================
事実を知ることから始めてみませんか?
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ 
-----------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
==============================
関連記事

Comment

もっちゃん "私も同感"
こういう事件の記事を読むと、どうにもできない自分と、どうにかしてほしい社会に対して もやもやとした気持ちが体にしみこんできて、やりきれなくなる時がありますね。せめても生き物をあつかう企業は、獣医師免許クラスの資格がないと売ってはいけないという法律を作って欲しい…無理かな
2011.01.28 15:15 | URL | #ZP8Fe6Tw [edit]
おかあはん "☆もっちゃん"
おっと~!コメントありがとうございます♪

私もいつも何とかしたいと思いつつ
こうやって啓蒙活動するぐらいしかできずにおります。。。
本当に、動物の販売には国家資格クラスの免許が
必要になればいいのに・・・と私も思いますが
この本によれば、前回の動物愛護法の改訂ですらも
業界団体から大ブーイングがあって断念した経緯があるみたいです・・・
国民の意識改革からしていかないと!!!
2011.01.28 18:45 | URL | #- [edit]
小春と五平のママ ""
はじめまして、
私も犬や猫はペットショップで買うもんだと思っていた一人です
この本を読んで自分の無知さに悲しくなりました
私は毎年沢山の可愛そうな動物たちが居ることを知っていました
心無い飼い主やお金もうけの道具としか思っていない一部の悪徳ブリーダーが居る事も知っていました
知っていながら何もしないのは、この人たちと一緒なんだと・・・
そう思って里親にりました。
なかなか大変ですが、生涯幸せに過ごさせてあげたいと思っております。



2011.01.30 20:54 | URL | #mQop/nM. [edit]
ココママ "なくすための1歩"
はじめまして。
いつも楽しく読んでます。

おかあはんの言葉、すごくすごーく、心に刺さりました。

私も犬を実際飼うまでは、現実がわかってませんでした。
犬を飼うようになって、はじめて、いろんな情報を気に留めてみる様になり、恐ろしい現実を知りました。

今は何か大きなことは出来なくても、
うちのココ(フレブル御転婆1歳)を守ること、
そんなことしか出来ないけど、
いつか何か出来たらいいなぁと思ってます。

私にも、何か出来ることないかな。。。

2011.01.31 12:06 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆小春と五平のママさん"
初めまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
小春と五平のママさんはこの本を読んで里親になられたんですね。
素晴らしいことです!
保護される犬やネコはいろんな経緯があり
人間に対して不信感を持っていたり
トラウマがあったりするので大変だと思いますが
がんばってくださいね!
2011.02.01 19:25 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆ココママさん"
初めまして。いつもご覧くださってありがとうございます!

>犬を飼うようになって、はじめて、いろんな情報を気に留めてみる様になり、恐ろしい現実を知りました。
私を含め、そういう方はとても多いと思います。
実際に犬を飼うまではわからない、知らないことも多いですもんね。
でも、そうやって気付くこと、知ることも
大切な大切な第一歩だと私は信じています。

私も今は大きなことは何もできませんが、
こうして少しでも多くの方に現実を知ってもらえれば・・・
と微力ながらご紹介させていただきました。

>うちのココ(フレブル御転婆1歳)を守ること
これが一番大事だと思います!!!!!
だって、飼い主全員にそれができれば
不幸な犬やネコは激減するんですから(*^_^*)
2011.02.01 19:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/652-55fc7644