文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

謎のしこりとリンパ節の腫れ

  8 comments   0 trackback

だいぶ前の話で、結果的に言うとどちらもたいしたことはなかった話なのですが。

去年の10月の下旬、文太の混合ワクチンを接種してから約1週間後、背中に直径約1センチほどの小さいしこりがあるのを見つけました。

背中のしこり


写真で見ても多分おわかりにならないと思います。私も見ただけではわからなかったんですが、いつものようにマッサージをしていたときに指の感触でその小さいしこりに気付きました。 (だから、毎日触ることが大切なんです!)


 ↓↓↓

以前3歳前の頃にも同じような場所にしこりができたことがあり、そのときは皮膚組織球腫かも?と診断されたのですが(腫瘍の原因は摘出手術をしてきちんと病理診断をしてみないとはっきりはわからないため、正確には何だったのかは不明ですが)、2週間ぐらいで何事もなかったかのように小さくなってなくなったので、今回もとりあえずしばらく様子を見てみることにしました。

すると、今回は前より小さかったこともあり三日ほどですぐになくなりました。

すぐになくなったので結局病院には行かなかったのですが、後で別の用事で病院に行ったときについでに獣医さんに聞いてみたところ、ワクチンなど注射をした後にはその部分が腫れることもあり、おそらくそれが原因なのかも、という話でした。(検査をしたわけではないので、あくまでも予想での話ですが。)

文太の場合は前回のこともあり、注射によってしこりができやすい体質の可能性もあるので、今後ワクチン等で注射をするときは注意してみていきましょう、という話になりました。

※これはあくまでも文太の話です。皆さんの犬・猫にしこりができたときは自己判断で放置せず、必ず獣医さんに診てもらってくださいね!!


それとは別の話なのですが、11月の末頃、またまたマッサージをしているときに文太の下顎リンパ節が腫れていることに気がつきました。


下顎リンパ節の腫れ


これもほんの少しの腫れなので、見た目ではわからないと思います。が、私が触った感覚では確実にいつもより腫れていました。 (だから、毎日触ることが大切なんです!!2回目☆)


その前日に散歩から帰ってすぐによだれがダラダラ出て止まらなくなったということがあり、もしかして散歩中に知らぬ間に何か変なものを舐めてしまったのかも??と思ったりしていました。

(リンパ節の中には白血球のリンパ球が多く集まって体を守る免疫の働きをしており、病原体が侵入するとリンパ節で戦うため腫れます。人間も風邪のときに腫れることがあるのと同じです。)

このとき、他のリンパ節は腫れておらず、本犬もいつも通り至って元気だったのであまり気にしていなかったのですが、万が一リンパ腫などの他の病気だと早期治療がとても重要になるので、ちょうど幸多のワクチン接種のために病院に行ったので、ついでに診てもらいました。

すると、文太の下顎リンパ節を触りながら、その獣医さんから全く思ってもないことを聞かれました。




「これ、腫れてますか?」




えー!何それ!びっくりです。

でも、その獣医さんはその病院の副院長先生で、幸多のときには本当にいろいろお世話になり、どんな小さなことでも詳しく時間をかけて丁寧に説明してくださる先生で、「今までこんなにいい獣医さんに出会えたことはなかった!」と思うぐらい信用していた先生だったのです。

だから、私の思い違いかなぁ?これって腫れてるうちに入らへんのかなぁ?これぐらいのことで気にするなんて過保護すぎる?とちょっと恥ずかしく思いつつ「こんなの腫れてるうちに入りませんか? (^^;)」と聞いてみると、こう言われました。


「いえ、違うんです。確かに下顎リンパ節がうずらの卵大になっていることはわかるんですが、文ちゃんぐらいの大きさ(か、それ以上の大型犬)の場合は普通でもこれぐらいリンパ節が触れることも多いので、 今この状態がいつもより腫れているのか、普通なのか、判断できないんです。 」


はい、これ、ものすごぉ~~~く大事なことですね!そう、私がいつもこのブログで口うるさく言ってるし、前に BUHI(ブヒ)2010年秋号 でも書いたことですが、 「愛犬の『普通』を知らないと、異常に気付かない」 ということなんですよ。


ほんの些細な変化はそれが普通なのか異常なのかはたとえ獣医さんでも判断できないし、それがわかるのは毎日接している飼い主だけなんです。(だから、毎日触ることが大切なんです!!!3回目☆)

私はペットマッサージセラピストという資格を持っていますが、だからというわけではなく、文太の体のことなら、少なくとも見える範囲のことは私の目と耳と鼻と指が知り尽くしています。私は「文太のプロ」なんです。

毎日見て、触って、ニオイを嗅いで、音を聞いていれば、少しの変化にもすぐに気付くようになります。犬の体のしくみを知識として知っておくことも大切ですが、一番大切なのは「毎日意識して触ること!」これに尽きます。


結局このときは獣医さんも私と同じ見解で、体をあちこち触診していただいた上で「いつも見ている飼い主さんが『腫れてる』と思うのなら腫れているんだと思いますが、現時点では他のリンパ節は腫れてはいないし、文ちゃんが元気ならとりあえず少し様子を見てみましょう。これ以上大きくなったり他の部分が腫れてきたり何か変化があればまたすぐ来てください。」ということになりました。


で、その後体に何ら変化はなく下顎リンパ節の腫れも引いたので、やっぱりあの腫れは何らかの病原体が体に入ってリンパが闘っている状態だったのかなぁ、と思っておる次第です。

(リンパの話、もう少し詳しくしようかと思ったんですが、長くなるのでまた別の機会に。)




余談ですが、私に「腫れてますか?」と聞いてくれた先生。「現時点で腫れているかどうかボクには判断できません。」とちゃんと言ってくれた先生。立派だと思います。

獣医さんにだってわからないことはあるはずだし、それを知ったかぶりしないでちゃんと言ってくれる先生の方がやっぱり信用できるし好感を持てるなぁと思いました。(私の個人的な意見ですが。)



==============================
毎日体の隅々をチェックしよう!!
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ 
-----------------------------------------------------------
ニャンコはこちら♪
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
==============================



関連記事

Comment

Whites Mykie ""
いつも『慣れ』に気付かされます。

暖房無しで湯たんぽ2個でのお留守番なので、最近はお洋服を着せています。
お洋服作りが楽しいってのもありますが。

一日中着せていると、わからないんですよね、様子が。
毎日触ってはいるものの、1日に一度は『裸ん坊』にしてから触らないといけないなー!

今日からまた、ふんどし締め直して頑張りまっす!!o(`・д・´)

※ふんどし締めてませんけど、おパンツですけど。
2011.01.14 14:39 | URL | #D1yV9ulM [edit]
おかあはん "☆Whites Mykieさん"
「体チェック」の意味ではやっぱり
裸ん坊の方がいいかなぁ~。
長時間しなくてもいいので、ほんの数分でも
全身をくまなくチェックすることが大事だと思います。
ふんどし締めなおして頑張ってください(笑)
2011.01.14 19:10 | URL | #- [edit]
yukappe ""
分かります!そのわんこごとに普通の状態って微妙に違うんですよね。私も、獣医さんではないですが動物の状態を観察するお仕事をしているので、HEATの体調もある意味そういった視点で見ていたりも。。以前に獣医さんにHEATのお腹が膨張していたため、夜間診療で緊急的に診てもらった際も、「フレブルだとこれぐらいのお腹のふくらみは普通な気もしますが・・でも、飼い主さんがそうおっしゃるのなら何かあるはず」と言われ、結果、異物誤飲し、胃が正常に動いていないことが判明しました。すぐに発見できたので一大事にはいたりませんでしたが・・・(その前に誤飲にも気をつけないとですが)
いつも、普段を知ることが一大事を引き起こす前の変化を見逃さない大事なことですよね!
2011.01.14 20:38 | URL | #POpVNeEU [edit]
YUKA ""
うちもちょうどよだれだーだー事件で病院に言ったばかりです。うちも病院の前にリンパを触ったんですが(夫が)腫れてませんでした。

ほんっっっとーに飼い主が愛犬の体を知るって大事ですよね。
私も毎日体隅々見ているので、獣医さんより変化はわかる自信があります。(夫も。笑)


2011.01.14 23:34 | URL | #- [edit]
鍋コ。 ""
愛犬の「普通の状態」を知ること、毎日体中を触りまくって(笑)変化を調べる事、とても大切だといつもいつも思っています。
実家のシーズー、チャップリンが突然(本当に突然なんです)脾臓が腫れだし、幸運にも手術で摘出で一命を取り留めたのですが、これも毎日毎日マッサージしていた両親ですので、早く対応できたのだと思います。

また、私自身も、去年はポン酢の骨折(これも指1本だったので見落とす事があるらしい)に気付き、またつい昨日なのですが、歯周病が発覚してしまいました。
これも、ポン酢はとても歯がキレイに見え、通っている獣医も歯の健康に力を入れているところで、毎回毎回「きれいな歯」の太鼓判を貰っていたのです。
それなのに、歯が昨日の朝一本なくなっているのに気付き、更に歯ぐきがグラグラになっている?…と。(一昨日はきちんと歯があったので、抜け落ちたのは昨日の朝かと…)
見た目だけでは本当に分からないです。
歯も触ってみないとグラグラしているか分からなかったです。
(本当に臭いに敏感と言われる私も、獣医も、ポン酢の息が臭いと思わなかったし、腫れも、赤みも歯石もありませんでした。)

神経質になりすぎるのはいけないと思いますが、こうやって触りまくって(笑)スキンシップを取りながら、健康管理をしてあげるのが、犬の健康の基本かなーと、おかあはんに賛同致します!
2011.01.15 01:21 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆yukappeさん"
HEATくんもそういうことがありましたか~!
大事に至らなくて何よりでした。
飼い主が「何かいつもと違う気がする」
っていうときは何か異常があることが多いそうですね。
その感覚を大切にしたいし、
これからももっともっと磨いていきたいと思います。
2011.01.19 18:58 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆YUKAさん"
ボブ君もよだれだーだー事件があったんですね~。
文太もたま~にあるんですが、
いつものは日向ぼっこしすぎたりコタツに入りすぎたりして
のぼせた(?)と思われるときなんです。
(頭がいつもよりちょっと熱くなってるので。)
でも、このときは全くそんなこともなかったので
ちょっと焦りましたが。

体の隅々毎日チェック、お互い欠かさずに
がんばりましょうね♪
2011.01.19 19:04 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆鍋コ。さん"
うわ~!鍋コ。さんもご両親も飼い主の鑑ですねー!
脾臓が腫れるなんて、下手すれば手遅れになるぐらいまで
気付きませんもん。命を取り留められて本当によかったですね!!

歯が突然抜けるなんてこともあるんですね(@_@)
私ももっと気をつけないと!
触りまくってのスキンシップはほんと犬の健康の基本ですね。
これからももっといろんなことに気付くよう精進いたします (`Д´)ゞ
2011.01.19 19:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/640-20b33f37