文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

家族が増えるということ

  0 trackback

今年も早くもあと三日となりました。(三日で大掃除終わるかな・・・) 

今年の前半は中医学(東洋医学)の勉強に精を出し、後半は犬の科学の勉強・・・の予定だったのが、幸多が来てからは少し休学して猫の勉強と幸多の世話に明け暮れ、相変わらず時間に追われる毎日でした。

それでも、今年の漢字を表すならば、やっぱり 「幸」 かなぁ~。
幸多がうちの子になってくれたこと、そして、文太も今年は病気も怪我もなく、とっても幸せいっぱいだった一年でした。

 ↓↓↓

先日、カレンダー作りのために幸多が来た頃の写真を見直していたんですが、ガリガリに痩せてみすぼらしい幸多を見ていると、今更ながらになんだか胸がぎゅぅぅーーっとなりました。

今から思うと、私があの日あの時間、いつもは行かないあの場所に行ったのは、偶然じゃなくて幸多に会うためだったのかなぁ、と思ったりして。そして、よくぞ幸多があそこで私のことを待っていてくれて、私のことを見つけて呼んでくれたもんだ、と。

最初は遠慮がちに部屋の隅や物の影に隠れていた幸多も、今や我が家で一番態度がでかくなっています(笑) 相変わらず「こらっ!」とか「だめー!」とか叫んでいる毎日ですが、文太以上に何かしら大笑いするネタを提供してくれる幸多のおかげで、毎日がさらに楽しくなりました。


もうひとつ、幸多が来たことで文太のことをもっと客観的に見れるようになり、今までなんとも思わなかったことでも、「文太ってすごいねんなぁ。」と改めて気付いたことがたくさんありました。(その反対に、これから直していくべき課題も出てきましたけど。)

幸多が来る前よりも、もっと文太のことが可愛く見えるようになり、もっともっと感謝するようになり、もっともっともっと大事に思うようになりました。

忙しさは倍以上になりました。でも、幸せはそれ以上です。「家族が増える」っていうのはこういうことなんだなぁ、としみじみ思う今日この頃です。


幸多をうちの子にすると決めたときに、心に誓ったことがあります。それは「自分の時間を削っても、文太との時間は絶対に削らない」ということです。

当たり前のことですが、散歩もいつも通りに毎日行くし、遊びやマッサージなど文太とふたりだけで過ごす時間はどれだけ忙しくても毎日必ず作っています。同じく、幸多ともふたりだけの時間を必ず作っています。

家族揃ってみんなで一緒に過ごす時間も楽しいし大切だけど、それぞれと「心がつながる時間」を大切にしたいからです。

それゆえ、11月後半からはブログも手抜きになり、コメント欄も閉じさせていただくことになっちゃいましたが、毎日ご覧くださった皆様、手抜き更新にも関わらずぽちっとしてくださった皆様には本当に感謝しております。

今年も一年、本当にありがとうございました!

今年は今日で更新は終わりにする予定で、毎年正月三日間は何もしない、PCにも近づかないと決めているので次の更新は4日になると思いますが、また来年からはいつも通りの更新にするつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、皆様おそろいで良いお年をお迎えくださいませ♪

関連記事

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/629-ca4c191e