文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

ノーリードはやめて下さい

  0 trackback




時々パトロール中にノーリードの犬に遭遇します。
迷惑なので、ほんとにやめてほしいです。

ノーリードの犬には2種類あって、

①飼主が全く犬をコントロールできておらず、呼び戻しすらもできないのに
「うちのかわいいわんちゃんを自由にさせてあげたいざます (^^)」
という言語道断タイプ。 「自分の犬を殺す気?」って思います。

②きちんとしつけも出来ていて、飼い主の指示にも従っているタイプ。
確かに飼い主の言うことは聞けてるし、ちゃんとそばを歩いているけど、
それならなんでわざわざノーリードにする必要が?って思います。
(山の中とか誰もいない田舎道ならわかるけど、住宅街をなんで???)

どちらにしても、ノーリードの犬に遭遇すると
「すいませんが、リードしていただけませんか?」
と丁寧にお願いすることにしています。
(たいていは無視されますが。)

飼い主が大丈夫と思っていても、犬に「100%大丈夫」はないし
他の人、特に犬嫌いの人にとっては大迷惑です。


リードは犬の自由を奪うものではなくて、
犬の命を守るものです。
犬と飼い主をつなぐ、大切な絆です。

関連記事

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/599-48cd1300