文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

当たり前のようで、当たり前でないこと。

  2 comments   0 trackback

目を開けているとき


目を閉じると・・・

鼻の形かな?目を閉じているときに鼻~口元を見ると
いっちょまえに「小さいトラ」みたいなんですよ。
ネコ科の動物やなぁ、としみじみ思います。


顔はまん丸です


鼻より口の方が出てるし・・・

顔どころか、体の隅々をじっくり見てみても、行動を見ていても
「オオカミっぽいな~」と思うところはゼロです
強いて言えば、耳がたってるのと、4本足で歩くぐらい!?
「イヌ」どころか「イヌ科」の動物かどうかも疑わしい・・・


そんな文太ですが、幸多が来てから「文太って実はすごいねんなぁ。」
と思うことがすごくたくさんあります。

と言っても、それは特別なことではなくて日常生活でごくごくありふれたことなんですが、例えば名前を呼んだら「何?」と返事をする(私のそばに来たり、顔をこっちに向けたりする)とか、私の言うことをほとんど理解していて、普通にお互いの会話が成り立っている、とか。

文太に話すように幸多に話しかけても全然通じなくて、「あ、そうか。幸多にはこんなこと言ってもまだ通じへんねんや。っというより、通じないのが当たり前なんやなぁ。」って思うんです。

今の幸多に文太と同レベルのことを求めるのは無理な話ですし、少しずついろんなことを学んでもらえればそれでいいので、幸多がどうとかいうことではないんです。(おネコ様なので、たとえ私の言うことがわかるようになっても、気が向かなければ素直に従ってはくれないだろうし ^^;)

でも、文太が私の言葉をちゃんとわかってくれている、私の言うことをちゃんと聞いて従ってくれる、というのは当たり前じゃないんだなぁ、当たり前だと思っちゃいけないんだなぁ、と改めて思うようになりました。


ベロ出過ぎとるけどっ

文太への感謝の気持ちがますます増え、
褒める回数も一段と増えた今日この頃です♪


==============================
頼りになる文太兄貴に♪
人気ブログランキングへ   人気ブログランキングへ
------------------------------------------------------
よろしければこちらも♪
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ   にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ
にほんブログ村犬ブログ    にほんブログ村猫ブログ
==============================

関連記事

Comment

YUKA ""
そうですね。
うちも私の話を一生懸命理解しようとして聞きます。
で、いろいろ理解しています。
だけど外で人に「そんな話してもわからないよ~」って笑われるけど、私からしたら当たり前なのに~。

でもこれみてほんと当たり前じゃないんだな~って思いました。
2010.10.10 20:08 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆YUKAさん"
そうなんですよ~。
犬は飼主の言葉をすごくよく理解していると思いますが
それって100%学習効果なんですよね。
(「人間の言うことを聞こうとする」っていうのは
 本能というか、遺伝子に組み込まれているのかもしれませんが。)
文太が毎日がんばってくれている結果なんだなぁ、
と思うと、自分も負けずにもっと犬語の勉強をしよう!
と思いました☆
2010.10.13 11:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/546-6fca67f6