文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

犬も色が見える?

  11 comments   0 trackback

最近、すっかり日の出が遅くなって5時半過ぎにようやく太陽が出てきます。
地平線近くの太陽や月を見ると、

10082601.jpg


・・・って思いませんか?
あれ、何でかなぁ~?蜃気楼とかそんなたぐい?
と思ってこないだ調べてみたら、なんと!


10082602.jpg


という説が有力なんですって。つまり・・・


10082603.jpg

こういうこと?

(´ε`;)ウーン… なんだか納得できませんが・・・
でも、確かにこうして写真に撮るとそんなにでかくもないんですよねぇ。



視覚と言えば、犬は色が識別できないので世界を白黒で見ている、
とかつては言われていましたが、最近は犬もちゃんと色が見えている
ということがわかっています。

ただし、それは人間と同じようではなく基本的には「黄色・青・グレー」で
見ているそうです。

 ↓↓↓


光を捉える細胞には 暗いところで明暗を感じることのできる桿状体(かんじょうたい)というものと、明るい場所で光の波長(色)を見分ける錐状体(すいじょうたい)というものがあります。

犬は人間に比べて桿状体が多いので、暗がりでも物が見えやすいようになっています。また、犬を含む夜行性の動物には輝板(タペタム)という反射板があり、少しの光でもあればそれを輝板に反射させて光を集め、暗いところでも物を見やすくしています。

色を識別する場合、人間は赤・青・緑の3種類の錐状体があり、視覚で受け取った情報を脳で統合して赤、オレンジ、黄色、緑、青緑、青、紫の7色の虹が見えます。
人間が見た虹


犬にも光の波長を捉える錐状体はあるものの、青に反応するものと、黄色に反応する2種類しか持っていないため、青、黄色、グレーという色の世界が見えているそうです。つまり、犬には虹がこんな風に見えていると思われます。↓ (あくまでもイメージですっ)
犬が見た虹
赤は暗いグレー、オレンジは暗い黄色、黄色、緑も黄色、青緑はグレー、青、紫は暗い青、と言う風に見えていると言われています。


これを踏まえて、例えば草むらでオレンジのボールで遊ぶとします。


人間が見たオレンジのボール

人間には当然このように見えているわけですが、
犬にはこのように見えているはずなんです。


犬が見たオレンジのボール


赤を認識する錐状体を持たない犬にはオレンジ、緑、黄色が同じような色に見えているので、緑の草むらではオレンジや黄色は同じような色に見えてわかりずらいんですね~。


では、青のボールはどうかというと

人間が見た青のボール

人間にはどちらかと言えば青と緑は似たような色に見えますが
(日本語では昔は色には赤、青、白、黒、の4種類しかなく、『緑』も『青』と言っていた習慣があり、青リンゴや青信号が「緑」なのにもかかわらず「青」というのはその名残です。)
犬にはこのように見えていると思われます。


犬が見た青のボール


犬にはオレンジや黄色のボールよりも青の方が分かりやすいんですね~。


このように、同じ時間、同じ場所で同じものを見ていても、ヒトとイヌは違う世界で生きています。

視覚だけでなく、聴覚や嗅覚ももちろん違うので、飼い主の言うことをなかなかわかってもらえないとか、何か様子がおかしい、など「あれ?」と思うようなことがあったら、犬と人間は違う生き物だということ、自分と同じようには見えていないこと、自分には聞こえないもの、ニオイのわからないものを犬は察知しているということを、もう一度再認識してみることが必要なのじゃないかなぁと常日頃思っています。



 ↓  今日はわかりやすく青のバナーで!
人気ブログランキングへ      にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
★人気ブログランキングへ★      ☆にほんブログ村へ☆


●参考資料●
*愛玩動物飼養管理士2級教材
*犬と猫のからだのしくみ (POL&浅野妃美・浅野隆司著 インターズー)
*動物看護のための小動物生理学 (岡 哲郎著 ファームプレス)
*犬のキモチがわかる本 (水越美奈監修 出版社)
*犬も平気でうそをつく?(スタンレー・コレン著 文春文庫)
*楽しい解剖学 (佐々木文彦著 学窓社)
*Diploma in Canine Science Module one (J.C. Biology)
*UNCOVER A DOG (Silver Dolphin Books)
関連記事

Comment

ぽんた(大阪)ママ ""
すごい・・・
犬からみた世界の色、考えたこともなかったです。
なんかとっても不思議ですね。
2010.08.26 14:19 | URL | #- [edit]
あやりん ""
なるほど・・・・。
モノクロだと思ってましたがそうでもないのですね。

ってことは、洋服も青を着た方が犬には見やすいのですねぇ。

またまた、勉強になりました!
2010.08.26 15:52 | URL | #- [edit]
りあんぱぱ ""
確かに大きく見えますよねー。
我家のママさんもたまに大きく見える
ことがあります。「これも目の錯覚でしょうか?」(ガハハ)

犬の目から見た世界。
ん~。すごく分り易い説明で
大変、勉強になりました。
2010.08.27 08:28 | URL | #CbShuNmM [edit]
HANAママ ""
犬はこんな風に見えてるんですね~!
おもしろいっ(^o^)
だからボ―ル遊びしてて目の前にあるのにすぎ気付かなかったりするのかな!?
青信号の謎!『へぇ~☆☆』です!
何でやろ~??って思った事ありました(@_@)
2010.08.27 11:23 | URL | #- [edit]
Whites Mykie ""
なるほど…。

ということは、
新緑の季節も、枯葉の季節も『青いボール』が見やすいってこと???

勉強になりますね~(*´∀`*)
2010.08.27 12:56 | URL | #D1yV9ulM [edit]
おかあはん "☆ぽんたママさん"
青と黄色の世界ってどんなんでしょうね~?
犬の方がもっと人間が自分とは違う世界を見てるなんて
思いもしていないと思いますけど(笑)
2010.08.28 18:04 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆あやりんさん"
私も昔はモノクロだと思ってたんですが
そうではないようです。
青と黄色とグレーって不思議な世界ですね~。
2010.08.28 18:05 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆りあんぱぱさん"
あぁ~!私も最近大きく見えますぅ。
ってか、大きくなりましたぁ~。
ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
目の錯覚ならいいんですけど(笑)

犬の目から見た世界。
一日だけ入れ替わってみたいですね~(^m^)
2010.08.28 18:06 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆HANAママさん"
ん~、まぁあくまでも想像ですが
こんな感じかなぁ、と。

文太も芝生に黄色いテニスボールが目の前に落ちていても
全く気付かないことがあるんですけど
こういうことなんですね~。

青信号の謎・・・
昔日本語教師をしていたときに散々聞かれました(笑)
2010.08.28 18:08 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆Whites Mykieさん"
おお~、そうですね。
ワンコには残念ながら
「新緑」と「紅葉」の違いが見えていないのでしょうね。
ま、どちらも青いボールの方が見やすいと思います(^^)
2010.08.28 18:09 | URL | #- [edit]
"管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.08.30 11:18 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/511-6b3f1968