文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

ガウガウ犬の対処法

  9 comments   0 trackback

ガウガウの理由』の中で、文太が他の犬に向かって吠えるようになった頃、「私は飼い主として一番してはいけないことをしていた」と述べ、その当時の文太と自分の様子を書きました。それは

①文太の行動を頭から否定する(自分の中で受け入れられない)
②他の犬が近寄ってくるたびに自分が緊張する
③興奮している文太の首輪をつかみ、顔を近づけ怖い顔で大声で叱りつける

というようなものです。文太に吠えることはいけないことだと教えたかったがゆえの行動ですが、それの何が悪かったのかをご説明します。
 
 ↓↓↓

想像してみてください。


会社で仕事中、上司にコピーを頼まれました。コピーをしていると突然その上司に「なんでそんなやり方でコピーしているんだ!そんなことしたらダメじゃないか!!」と頭ごなしに怒鳴られました。

あなたはどう思いますか?私なら・・・まず、「え?何が?このやり方の何がアカンの?」と疑問に思います。そして、「じゃ、どうすればいいのか、教えてくださいよ!」と頭にきます。

そして、次の日。またその上司にコピーを頼まれました。昨日のやり方は何かわからんけど間違っているらしい、ということは気付いていますが、他にやり方を知らないし、誰にも教えてもらえずどうすればいいのかわからないので、びくびくしながらも少しやり方を変えてコピーをとったら、また「お前は何度言ったらわかるんだ!!」と、昨日より激しく怒鳴られました。

あなたはどうしますか?若い頃のブチ切れやすかった私なら・・・「正しいやり方を教えもしないで、ちゃんとできるわけないじゃないですか!!ヽ(`Д´#)ノ 」と声を荒げ、激しく抗議します。

(そして、「じゃぁ、自分でやれや!!(#゚Д゚)ヴォケ!!」と心の中であらん限りの悪態をつきまくり、怒り狂ってそのまま辞表を叩きつけるかも。

・・・あ、年取ってすっかり丸くなった今のおばちゃんな私ならもうちょっとオトナの応対をしますよ。・・・多分。笑)

何一つやり方を教えもしなければ、自分で見本を示しもしない上司。そんな上司を尊敬できますか?この人は頼りになる、と思えますか?

そして、そうやって理不尽な怒られ方を続ければ、コピー機の前を通るのすらも恐怖になり、今後一生コピーを取ることはトラウマになりそうじゃありませんか?


一時期のガウガウが一番ひどかった頃の文太も多分そうだったんだろうなぁ、と今になってすごく思うんです。「じゃぁ、どうすればいいのか教えてよ!」って、本当は私に助けを求めていたんじゃないかなぁ、って。(文太よ、こんな母だけど、グレずに素直でいてくれてありがとう。)

最初の頃は単純に他の犬が怖かったんだろうし、オトナになってオスの本能が芽生え、えらそうにしたかった気持ちももちろんあったと思います。

でも、他の犬が至近距離にくるたびに吠える→おかあはんに怒られる、というのが続くと、そのうちに文太にとっては自分が吠えているから怒られるのではなく、「他の犬が近づく → おかあはんに怒られる」という方程式になってしまっていたんじゃないかなぁ、と思うんです。

文太は犬に対してもどうしていいのかわからない、おまけにおかあはんにも怒られる、という中でパニックになっているのに、そこで「ダメ!」と叱ったところで、どうすればいいのかを教えてあげない限りは文太の中では問題は解決しないんです。

それともうひとつ、私自身も他の犬が近づいてきたときに文太にどうしてほしいのか、という明確な「正解」が頭になく、それどころか「また吠えたらどうしよう・・・」というマイナスのイメージしかなかったことも文太を混乱させる理由のひとつだったと思います。


そこで、私がとった方法はというと、今までやっていた間違ったことの逆です。

① 文太の行動を頭から否定する(自分の中で受け入れられない)
→ 文太は未去勢のオスイヌであり、少なからずホルモンの影響による闘争本能がある。また大きい犬に対して恐怖心もあり、それらを対処する方法を知らないのだということを理解する。

これを理解するだけで自分の心の持ちようがずいぶん変わってきます。人間は得体の知れないもの、理解できないものには警戒し、恐怖心を抱きます。幽霊や死ぬことが怖いのと同じです。

「なんでそんなことするの?なんでできないの?」と理由がわからなければ不安になり、その対処法を知らなければ自分自身もパニックになりますが、「いっちょまえに、えらそうなこと言うようになりよったなぁ。」とか「ほんまにびびりやなぁ。( ´,_ゝ`)プッ」と思っていれば、心に余裕ができます。


② 他の犬が近寄ってくるたびに自分が緊張する
→ まずは自分が深呼吸をして落ち着き、笑顔を作り、文太にしてほしいことを頭に思い浮かべて文太に伝える。

「飼い主のイメージを犬に伝える」なんて言うと、なんとなくテレパシーみたいで胡散臭く感じられるかもしれませんが、これにはちゃんと科学的な説明ができます。(あくまでも私の考えですが。)

飼い主が嫌なことを思い浮かべればその思考は「眉間にしわがよる」とか「肩に力が入る」など体の緊張や顔の表情に表れます。反対に、楽しいことを思い浮かべれば「口元が緩む」とか「目がキラキラする」など同じくその楽しい気持ちが顔や体に表れます。

人間にとってコミュニケーションの手段は言葉ですが、犬は基本的には言葉ではなく映像で物事を理解する動物です。普段、言葉に頼りすぎている人間には気付かないような、微細な体の変化が表す心の変化も、犬には見分ける力がきっとあるはずです。

ほんの少しの指の動き、顔の角度、足の位置、体の向き、そういう小さな小さな変化を犬は見たり感じたりして、飼い主の感情を読み取っているんです。だから、飼い主に恐怖の気持ちがあればそれを察して犬も恐れるし、迷いがあれば犬も迷うんです。

これはTタッチの講習でも教えてもらったことなんですが、「ダメ!」とか「いけない!」などのネガティブな感情ではなく、「こうしようね」「おりこうね」というポジティブな感情を持つことはとても大切なんです。

そして、してほしいことを飼い主が頭に思い浮かべてイメージすれば、自然とそれが顔や体に表れ、リードを通して声に出さない「言葉」として犬に伝わるんです。犬にしてほしいことを命令するのではなく、伝えるのです。

そういう風に飼い主が意識を変えて犬に伝えるだけで、犬は自然に正しい行動をとる、という驚くべき変化をTタッチの講習で目の当たりにしました。(犬がパニくっていない場合の話ですが。)

逆に言えば、飼い主側がその意識を変えずに、犬だけを変えようとするのは絶対に無理なんです。(トレーナーさんの言うことはちゃんと聞くのに、飼い主の言うことは聞かない、というのはそういうところにあるんだと思います。)


そして、三つ目の項目。
③興奮している文太の首輪をつかみ、顔を近づけ怖い顔で大声で叱りつける
  → 文太を落ち着かせ、物理的な対処法を教える。

なんですが、これまた長くなるので次回に・・・
(実践編を楽しみにしてくださっている方がたくさんおられる中、ひっぱってすいません m(__)m)


※続きはこちら → 「ガウガウ克服


   ↓ 日々是精進!
人気ブログランキングへ      にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
★人気ブログランキングへ★      ☆にほんブログ村へ☆
関連記事

Comment

桜餅 ""
昨日、↓にコメントしたのですがエラーが出てしまって~。
こちらにコメントさせて頂きます!

棒灸のパイプの件ですがお返事ありがとうございました♪
文太君が使っているのは一般に市販されていないとのこと、残念・・・。
もしかすると、同じようなパイプがネットで探せばあるのかもしれませんよね!
ちょっと探してみます!
ところで、文太君の温灸ですが、どのくらいの間隔でやっているのでしょうか?
一度にお聞きすればよかったのですが、こちらも教えて頂けると助かります♪

ガウガウ・・・我が家も最大の課題です・苦笑。
実践編のUP、待ってます♪
2010.06.26 19:28 | URL | #T4uSdafE [edit]
HANAママ ""
おかあはんの例えが毎回『なるほど…(ちょっとププっ笑)』
となります(^o^)

アカン!って焦る気持ちと
相手のワンちゃんと飼い主さんのてまえ怒っちゃう気持ちで間違った行動してます…(-_-;)
思い当たる所満載です…反省…(>_<)
2010.06.27 08:31 | URL | #- [edit]
yukappe ""
こんにちは。初めまして。
いつも文太部長とおかあはんの日々を参考に、愛ブヒとの生活を送っています。
我が家のブヒは、お外ではほっとんど吠えず、どんなわんこにも近づいていき、うざがられるという状態です。
ですが、今日はドッグランで初めて会ったちわわさんにがうがう言われて、とても珍しく、「がう」と吠えてしまいました。
でも、文太部長とおかあはんの記事を読んで勉強させていただいていたおかげで、ブヒを抱きしめ、「大丈夫、怖くないよ。お友達だからね」と私も落ち着いて対処することができました。
そのおかげか、その1回以降は、ちわわさんにどれだけがうがう言われても気にせずに、落ち着いた状態で遊ぶことができました。ありがとうございました!!

私も愛ブヒとの毎日を細々と綴っているブログがありますので、もしよければ覗きにきてください。文太部長のブログも勝手ながらリンクさせていただきました。
2010.06.27 15:44 | URL | #POpVNeEU [edit]
おかあはん "☆桜餅さん"
何度もコメントいただいて申し訳ございません!
金曜日の夜にサーバーに不具合があったようで
コメントにエラーが出ていたようです。
すいませんでした m(__)m

棒灸の件ですが、ペット用でなくても
人間用で探せば何かあるかもしれませんね。
あると便利なので探してみてください♪

間隔ですが、何日に一度ということですか??
う~ん、もしそうならかなり適当なんですが(笑)
以前ちょっと気になる症状があったときは毎日やっていましたが
最近は気が向いたときと言う感じになっています。
(なんとなくだるそうだなぁというときとか。)

桜餅さんのワンちゃんは梅雨時に胃腸が弱いとのことなので
短時間でもできるだけ毎日やってあげるといいのではないでしょうか。
(ただし、嫌がらないことが大前提ですけど。。。)

時間はこれまた日によっていろいろですが
大体5分から10分ぐらいでしょうか。
文太が気持ちよさそうにしていると長めにしていますが
時々「もうええわ。」って言われるので
(逃げるように場所移動します)
そんなときはそれで終わりにしています。
最初は短め(2~3分)から始めて、様子を見ながらしてあげると
いいと思います。
2010.06.28 18:19 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆HANAママさん"
たとえに納得していただけて嬉しいです(笑)

> 相手のワンちゃんと飼い主さんのてまえ怒っちゃう気持ちで間違った行動してます…(-_-;)
そうなんですよね、それもあるんですよね。
だからねー、吠える前にこちらが行動をコントロールする、
怒らなければいけない状況を作らないようにするのが
大切なんだと思っています。
その辺はまた来週。。。
(ひっぱってごめんなさい~!)
2010.06.28 18:22 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆yukappeさん"
初めまして!
とっても嬉しいコメントをありがとうございます!
私は初めて文太が吠えたとき、まさしく
「うちの子に限って!!!」という気持ちだったので
いろいろ間違ったことをしてきましたが
そういうことが何か少しでも参考にしていただけて嬉しく思います。

リンクもありがとうございます!
ブログの方にまたお邪魔させていただきますね♪
2010.06.28 18:29 | URL | #- [edit]
リコママ ""
こんにちは!
「ガウガウしてしまう」シリーズ、とても興味深く読ませてもらっています。
リコも初めてのドッグランで激しく吠えられて以来、「近づきたいんだけど超緊張する!」って感じでうなったり吠えたりしてしまいます。今はおすわりとマテで(視界を遮って)乗り切れることもありますが、以前は暴れて興奮して大変で...。ホント その時は私たちも余裕がなくて負のスパイラル状態でしたね(苦笑)。
実践編 すごく楽しみです!
あ、トレーニング頑張ってます!リコ ちょびっとお利口になりましたよ。おかあはんにご報告できる日は近い!かな??
2010.06.29 14:21 | URL | #p3UCBztU [edit]
おかあはん "☆リコママさん"
リコくんのトレーニングが順調のようで何よりです!
まだ若いから人間と同じで(?)頭もやわらかいので
きっともっとおりこうさんになってくれますよ(^-^)

そうなんです、負のスパイラル、恐るべしです(笑)
自分に余裕がないとダメなんですよね~。
文太の修行は実は自分の修行だったりします。
2010.07.01 10:00 | URL | #- [edit]
まめお "初めまして"
初めまして
ずっと、ブログにお邪魔してさせて頂いていたのですが
コメントは今回が初めてです。
とても 勉強になります。
うちのブルは3歳です。
ガウガウと他のワンちゃんに吠えるのでどうしたものかと
しかし、このブログを拝見して、そうか~怖がっているのかなと
考え 落ち着かせる為 ワンちゃんの視界を遮る事から始め
吠えない時は 褒めてあげを繰り返しました。
前ほど 長く吠えなくなり、ワンちゃんによっては 吠えなかったり
随分と 変わってきました。
犬の躾教室に入れようと思ったけれど
まずは 飼い主の姿勢からと考え 今まだ実践中です。

ドッグランで 他のワンちゃんと走り回らせて
あげたいです。
無理じいする事無く、気長に二人三脚で頑張りたいです。
2012.03.03 10:52 | URL | #PTRa1D3I [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/462-35841988