FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

犬の嗅覚はなぜ優れているのか

  2 comments   0 trackback

犬の嗅覚は人間の5000倍から1億倍とも言われています。

なぜ犬はそんなに嗅覚が優れているのでしょうか?また、フレンチブルドッグなどの鼻ぺちゃ犬が他の犬より嗅覚が劣っているのはなぜでしょうか?

それを知るために、まず人間と犬の鼻の構造を比較してみましょう。

 ↓↓↓

人間の鼻の構造

人間の鼻の中(鼻腔)には上鼻甲介、中鼻甲介、下鼻甲介という3つのひだがあり、その間の道を空気が通って温められ、湿らせ、ホコリや有害物質などをろ過して肺に入っていきます。

ニオイの物質は、一番奥にある上鼻甲介付近の嗅細胞(ニオイを感じ取る細胞)でキャッチされ、嗅神経を通って脳に伝えられます。


犬の鼻の構造

犬の鼻腔はもっと複雑で、背鼻甲介、腹鼻甲介、篩骨(しこつ)甲介というひだになっています。その奥には嗅細胞があり、嗅神経を通って脳に伝えられる構造は人間と同じです。


嗅覚の違い① 濡れた鼻
皆さんご存知のように、犬の鼻平面は濡れています。鼻が濡れているとニオイやフェロモンの元となる化学物質を集めやすいのです。


嗅覚の違い② 嗅上皮の面積
ニオイを感じ取る細胞(嗅細胞)が集まっている嗅上皮は人の場合は約5㎠です(上図赤い部分)。

犬の場合は、鼻腔のひだにスポンジのような細かい穴が開いていて、その表面に嗅細胞が詰まっており、入り組んだ嗅上皮の表面積を拡げると18~150㎠になります。人間よりもはるかにその面積が広いのです。


嗅覚の違い③ 嗅細胞の数
人間の嗅細胞の数は約500万個ですが、犬の嗅細胞は平均約2億個と言われています。この差が犬と人間の嗅覚の大きな差のひとつですね。

ちなみに、嗅細胞の数は犬によっても違い、ダックスで約1億2500万個、シェパードやビーグルで2億2500万個、一番多いのが猟犬の中でも最も嗅覚が優れているといわれているブラッドハウンドで、約3億個なんだそうです。

鼻ペチャ犬種が他の犬種に比べて嗅覚が劣っているのは、鼻が短い分、嗅上皮の面積も狭く、嗅細胞の数も少ないからなんですね~。
(文太の嗅細胞数はもしかしたら人間並みかも・・・^^;)


嗅覚の違い④ 嗅線毛の長さ
嗅細胞には「嗅線毛」と言って、ニオイ物質を集めとる細い毛があります。犬の嗅線毛は人に比べてその長さが数十倍長く(犬:30~50ミクロン、人:1~2ミクロン)、数も多いのだそうです。(『イヌは匂いの夢を見る―なぞに包まれたイヌの嗅覚を科学する (香り選書 6)』より)

そのため、ひとつの嗅細胞でも人間よりも格段に多くのニオイ物質を捉えることができる、つまりニオイに対する感度がいいというわけですね。


嗅覚の違い⑤ 嗅脳
犬には大脳の一部にニオイを分析する器官である『嗅脳』が発達しています(上図の水色部分の『嗅球』は嗅脳の一部)。人の場合は退化しており、嗅球も犬に比べると小さい突起です。


嗅覚の違い⑥ 鋤鼻器(じょびき)
もうひとつ、犬にはあって人間にはない(退化している)ものが『鋤鼻器』です(上図の硬口蓋から突き出ている濃いピンク部分)。鋤鼻器とは、フェロモンを感じ取る器官で、発情に関するフェロモンのニオイはここで情報収集され、脳に伝達されていると考えられています。

文太は他のワンコのお尻や性器のニオイを嗅ぐだけでなく、執拗なまでにベロベロ舐めるんですが、もしかしたら嗅覚が劣っている分、鋤鼻器にニオイを送っているのかなぁ?と思ったりします。(あくまでも私の推測ですが。)


このように、犬には人間と違う嗅覚のしくみがあるわけですが、実はすべてのニオイに敏感なわけではなくて、犬にとってどうでもいいニオイには意外と鈍感なのだそうです。

「好きなニオイ(=大切なニオイ)」と「嫌いなニオイ(=危険なニオイ)」、つまり犬にとって生きていくために必要なニオイを嗅ぎ分けているということでしょうか。

以上、犬の嗅覚の不思議発見でした~。



人気ブログランキングへ      にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
★人気ブログランキングへ★      ☆にほんブログ村へ☆


*参考文献*
イヌは匂いの夢を見る―なぞに包まれたイヌの嗅覚を科学する (香り選書 6)
楽しい解剖学 ぼくとチョビの体のちがい
続・ぼくとチョビの体のちがい
犬も平気でうそをつく? (文春文庫)
図解からだのしくみ大全―健康・病気予防に役立つ人体の構造とはたらき
動物看護のための小動物生理学 動物看護学全書3巻 (動物看護学全書 (03))
ナビ犬POLくんとやさしく学ぶ犬と猫のからだのしくみ (as BOOKS)

関連記事

Comment

あやりん ""
お散歩中にお会いしたワンちゃんをクンクン匂いだり、
ねぶったりして、よだれを垂らすのは、好きな匂いなんでしょうか?
男女関係なく、そういう現象になりますが・・・・。

あやりんも、さほどホームズの嗅覚が優れているように感じません・・。
2010.03.22 12:22 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆あやりんさん"
ねぶってよだれ垂らしてますよね・・・
舌をビロビロさせて。
ワンコ同士のニオイ確認は
自己紹介みたいなもんなんで
好きなニオイも「うわっ!なんやコイツ?」
みたいなのもあるんじゃないでしょうかねぇ?
文太はご存知のように男の子と熟女好きですが
若い女の子にはほとんど興味を示しません(^^;)
2010.03.23 11:18 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/374-cc4dd5dd