文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

驚愕の新事実発覚パート2&ご報告

  0 comments   0 trackback

昨日、無事おちゃゆの不妊手術が終了しました。

朝からめちゃくちゃ緊張しましたが、何度も深呼吸&ストレッチをして
あゆちゃんに力を貸してくれるように神頼み(?)。

計画通りキャリーケースにほんの少しだけちゅーるを入れた器を入れ
(本当は手術前は絶食しないといけないんですが、事前に先生に確認して
ちゅーるは液状だし少しだけなら大丈夫とご了承をいただいていました)
中で食べている隙にシャっとキャリーの扉を閉め、
そのままタオルをかぶせて準備完了!

最初ちょっとだけ出ようともがいていましたが、
案外早くあきらめた?ようで、じっとしていました。

そのままおとうはんに病院に連れて行ってもらったんですが、
病院でも固まったり震えたりすることなく意外と普通だったそうで。
(病院が混んでいてギャン吠えする犬が来てから初めて怖がっていたとか。)
そのまま預けて手術へ。


先生の話では、キャリーケースのまま麻酔をかけたそうで
「怖い思いはさほどしてないと思います」
ということで、本当に感謝感謝です。

血液検査で猫エイズ、猫白血病ともに陰性を確認
駆虫とノミダニ薬も投薬してもらい、抗生剤の注射もしてもらって無事終了。



不妊手術で子宮を取ったわけですが・・・


やはり妊娠していたそうです。
とはいえ、胎児はまだイボぐらいの小ささで、2週間ぐらいだったそうなんですが
私の思い込みによる大失態で、反省しきり。 _| ̄|○
それでも、まだ体に負担をかける前に気づいて手術できてよかったです・・・。



そんなこんなで、病院に行く前にオス確定したねーね。

さすがに男の子で「ねーね」はどやねん?という話になり、
改名会議が行われた結果、うちには「文太」と「さゆり」がいるし
昭和のスターの名前にしよう!ということになり、
私は 「裕次郎」 を推したんですが、なぜかおとうはんから激しく却下され

「健(高倉)」 

に決定いたしましたー!


そういうわけで、
てへっ
ねーね 改め ちょっと不器用な 『健さん』 をどうぞお見知りおきを。

あ、ちなみにおとうはんには『健さん』は厚かましいと言われたので
通称 「けんちゃん」 で(笑)




関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/2230-03c4893b