FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
ごはんとおでかけとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

猫が喜ぶ部屋づくり

  0 comments   0 trackback

今朝の「初めて」。

つかまえたっ
(画像が荒くてすいません。)



わーい
いつも下で遊んでいるんですが、今日は棚の上に誘われました。



ふーむ border=
ねーねも乗ってきました♪



ちょこざいなっ


18040605.jpg
あの棚の上はわざと登れるようにしてあります。


監視カメラにはあそこまで映らないので上にいっているかどうかわからなかったので
ちゃんと(?)上も楽しんでくれているようでよかったです(^^)


ちなみに、あの子たちが来る前に男子チームの検証済み。

いつの間にこんにゃところが?"


知らにゃかったにゃ


合格
向こう側から降りてこれるようになっています。



前に「室内外のネコはかわいそう?」という記事と「猫を飼うということ」という記事の中で
「猫としての本能や欲求を満たしてあげられるだけの環境を
家の中に作ってあげなくてはいけない」ということを書きました。

野良猫だったねーねとさゆりを迎えるにあたり、
幸多とちびに会わせるまでにしばらく隔離生活を余儀なくされるので、
隔離部屋を充実させることは私にとって重要な課題でした。

ただでさえ全く別の場所&環境に連れてこられてストレスがたまるだろうから
せめて部屋の中は楽しくて落ち着ける場所にしてあげたかったからです。


ネコに必要なのは「広さ」ではなく、主に「高さと隠れられる場所」。
新しい場所に慣れるためには、だだっ広くて何もないすっきりした20畳の部屋より
ごちゃごちゃした6畳の部屋の方がいいのです。
(猫にとって危険がないことが条件ですが。)



どんな感じになっているかご紹介すると・・・

ミニトランポリン
おかあはんのダイエットグッズですが(笑)

あの子たちはごはんをあげるときなど私たちと接触するとき車の下にいたので、
隠れるのにちょうどいいかと思って置きました。

ちなみに、今はこの上に外で気に入って寝ていた私の古いジャケット
(捨てようと思っていたもので、うまい具合にホカホカの生地だったので)
を置いています。

「自分のニオイのついているもの」も、安心できる重用なポイント☆
今ではこの上もとってもお気に入りで、よくふたりで寝ています。


この部屋はフローリングなんですが、下に段ボールを敷いてその上に
これまた捨てようと思っていた古い毛布を敷いています。

これは寒さ対策もあるんですが、動物行動学者であるテンプル・グランディン博士の書いた
Making Animals Happy: How to Create the Best Life for Pets and Other Animals
という本に、「猫にとって(その他の多くの動物にとっても)『滑る床』はとても怖いものである」
ということが書かれていたので、滑らない対策です。

外にはフローリングのような滑るところはないし、おそらく体験したことがないであろうから
うちにきて怖い思いをしてほしくないので。

下に段ボールを敷いたのは走り回ると毛布だと滑るからです。
(うちの男子チームで検証済み
その段ボールのおかげでほどよい弾力がいい感じになっていて、
思いのほか気に入っているようです。



トンネル
そして、ここがお気に入り&おかあはん渾身の作品のトンネル。
使わなくなって行き場のなくなった収納台に段ボールを切って張っただけ。

トンネルも市販のいいものがそんなに高くない値段であるので
それを買おうかとも思ったのですが、使わなくなったこの台が今やなんかジャマだったし
外にいるときに段ボールハウスや遊び場を作っていたので
慣れている段ボールの方がいいかと思って。



トンネルの中
中はこんな感じ。下に発泡スチロールを敷いているので温かいみたいです。



木のベッド
トンネルの一番上に乗っているのは木でつくられたキャットベッド。
こないだのポケットマルシェで一目ぼれして買いました。

ここも気に入ってくれているようで、ふたりとも時々ここで寝ています。
(ちなみに、うちのデカい男子たちはお腹がつかえて入れませんでした(^^;)



段ボールトンネル
先ほどの収納台トンネルの左側にも段ボールを立てかけただけのトンネル。
たったこれだけのことで、素敵空間に早変わり☆これもあの子たちには大好評なんです。


そして、冒頭でご紹介した棚は

ここから


こう
こうつながっています。



ケージ
一番奥にはケージ。この子達のために買いました。



ベッド
中にはベッドと爪とぎ付きの台。
今は2段目に外で使っていたベッドを入れているので、熟睡したいときはここで寝ているようです。

二段目も開くようになっているんですが、今は下だけ開けて上は閉めています。


このベッドのほかにも

ベッド
ケージの上にふたつと



レノボベッド
ケージの左側にも段ボールベッド。

ベッドも市販のものにかわいいのが色々あって(マカロンみたいなやつとか
「どれ買ってあげよっかな~♪」とわくわくしながらネットショッピングしかけていたんですが
使い慣れていない素材の変なにおい(猫にとっては)がするものよりも
少なくとも家猫修行の最初のうちはなんだかんだで
段ボールが一番落ち着くんじゃないかと考え直し、こうなりました。

自分の直感が当たって、今のところどこも気にってもらえているようで
気分次第であちこち好きなところで寝ているようです(^^)



隙間
ケージの横には猫心をくすぐる隙間。



ちなみに、右横にあるのは猫を落ち着かせるフェロモンを発する
「フェリウェイ」というリキッド。


人間には全くニオイはわかりませんし、効果もあるのかないのかわかりませんが
引っ越しのときとちびが来たときにも使っていました。

私が読んだいろんな国内外の猫の本にこのフェリウェイの効果が書かれていたので
少しでも何か効果が期待できるものは何でも使いたいと思って使用しています。



コンセントタップ
部屋の中は何をおいても安全第一なので、爪を突っ込んで怪我をしないよう
すべてのコンセントにタップをしています。(これは100均で買ったもの。)



監視カメラ
そして、なくてはならない件の監視カメラ。この角度で置いています。
スマホの遠隔操作で向きも変えられて本当に重宝しています。


あと、今は爪とぎベッドとケージ横の棚の階段になるように爪とぎブロックも買いました。



どっしりしてていい感じで、うちの男子チームには大ウケだったんですが
(二つ買ったので、ひとつは寝室に置いています)
どうもこの段ボールタイプの爪とぎに慣れていないせいか、爪とぎは一切せず
普通に階段として使い、穴を通り抜けて遊ぶのに使っています。
(ま、楽しんでくれているならそれでいっか(^^;)



そんなこんなで、ものがいっぱいだからこそ、楽しんでもらえる部屋が
たいしてお金をかけずに配置の工夫だけでできました。

とはいえ、一生この部屋だけで暮らすわけではないし
早く家じゅういろんなところに自由に行けるように、がんばりますっ!



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/2223-c48b3b79