文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

撮れなかった写真、これから撮りたい写真

  0 comments   0 trackback

あゆみの写真を最初の頃からずーっと見ていて気付いたんですが、
昔は結構まめに写真を撮っていたんですが、最近のは単独写真が意外と少ないんですよね。
しかもカメラ目線の「いつものきゃわゆいあゆちゃま」の写真はほとんどなく・・・。

理由は単純。
あゆみはカメラが大嫌いだったから(^^;)


それでもスマホのカメラだとスマホをいじっているふりをして
なんとか普通の表情を撮ることができていました。
こんな感じ。
 ↓
何してるにゃ?
うん。これはいつも私が見ていたニュートラルなあゆちゃん。



が、しかし、いったんスマホのシャッター音をさせて写真を撮っているとバレようもんなら
こうなります ↓
奥歯ガタガタ言わせたろか!

この鬼の形相のぶんむくれた写真は山ほどあるんですよね~(^^;)
これもあゆちゃまらしいっちゃ~あゆちゃまらしいんですが(笑)



そういうわけで、こないだの「玄関ゴロンゴロンからのなでなでブラッシング」や、
ボール投げ遊び(過去参照記事:「取ってこい」の遊び方)もほぼ毎日やっていたにも関わらず
最近の写真はないんです。

遊んでいるときやかまってあげているときのあゆみは
本当にゴキゲンで、うれしそうで、かわいらしさ倍増で(←バカ☆)
せっかく楽しそうに遊んでいるのにカメラを向けてご機嫌を損ねたくなかったので
写真は撮らなかったんです。

写真を撮ってないってことは、ブログのネタにもなっていないわけで。
あゆみの単独ネタが少ないことに今頃気づきました。


今更悔やんでもしょうがないけど、もっと写真撮っとけばよかったな~。
・・・と思うけど、やっぱり楽しく遊びに集中できたから撮らなくてよかったのか。
と思ったり。

まぁ、あの楽しそうでゴキゲンなあゆちゃまの姿は自分の心の中に収めておきます。



それと、もうひとつ気づいたのが、写真は99.9%私が撮っているので
おとうはんとあゆちゃん(文太や幸多、ちびも)の写真は結構あるのに
私と一緒に写っている写真がゼロで・・・(本当に文字通り、ゼロですよ。)

正確に言えば、手やら足やらは一緒に写っているんですが
顔が写っていないので私の表情とかがわかる写真がないんですよねーーーー。

というわけで、これからはおとうはんにもカメラマンになってもらって
文太たちと一緒の写真をガンガン撮ってもらおうと思っています。
(ただ、全世界に発信するには見苦しいので、ブログには載せませんけどネ☆)



みんなと一緒の写真は結構あるんですが、
それでも「同じような写真、山ほどあるわい!」っていうシチュエーションのときは
最近はわざわざ撮らないことも多かったんですけど、
同じように見えてもやっぱりそれぞれ微妙に違うし
後から見返せば「毎日同じことしてたな~。」っていう記録にもなるので
これからは同じ写真もどんどん撮っていこうと思います。





そういうわけで、最近の野郎ども。


アジサイの季節

冬の間、散歩時間が極端に少なくなっていた文太ですが、
暖かくなってからまた散歩の距離が増え、よく歩くようになってきました。
やっぱり寒いのがイヤやったのかな~。



ぶふ~
家では寝るのが仕事。



こんなん持ってるけど~?
でも、朝に晩におかあはんを釣って追いかけっこをさせることも怠りません☆




むーん
あゆみがよく寝ていた段ボールベッドで最近よく寝ている幸多。



がしっ
昼間はほぼほぼおかあはんの横で寝てます。




ごはんー!

夕方「お腹空いたー!ごはんー!」とうるさいので、無視していると
机に寝そべって無理やり仕事を中断させます。
ものすごい技覚えたな~(^^;)



むふん
そして、こちらは最近朝おかあはんが読んでいる新聞の間に
無理やり挟まってくるのが日課のちび。



ぷすー
昼間は最近ここでよく寝ています。



むむっ
夜はよく外(ベランダ)に出ていて虫を追いかけ・・・



でやっ!
相変らず網戸登りが治りませ~ん!




そんな、何気ない毎日。




いやでもいつかは「写真がもうこれ以上増えない」っていう日が来てしまうので
それまではどんなに整理が大変であろうが、どんなに同じような写真であろうが、
いっぱいいっぱいいろんな表情を撮っておきたいと思う。

同じように見えても、その時の表情はその時だけのものだから。





関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/2106-7badb28e