文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

2016年

  0 comments   0 trackback

最近のいろいろ

猫棚
件の猫棚はここへきて結構活躍してます(^m^)



おととい(28日)、朝起きたら雪が降っていてうっすら積もっていました。
ふむふむ


ふわ~"


んふ~
こんな寒い日にわざわざ好き好んで外に出るなんて信じられない長老。



あったか~い
冬はあゆちゃまと一緒にお風呂



ふぅ~
オトコたちの夜。



2016年の文太一家の漢字は 「変」 かな~。

文太が6月に去勢をして玉なしに「変」わり、
上の猫棚はじめ、ベランダや部屋のあちこちもいろいろ手を加えて変わり、
こーたとあゆみはあまり変わってはいないけど、ちびは相変わらず「変(へん)」で。


そして、今年12歳の文太は後半「老化の階段」をひとつ降りてしまったな、
という印象がものすごくあります。

去年までは、11歳とはいえ顔の白髪が増えた以外は本当に昔と変わらず
2,3歳のころ、とまでは言わないけど、少なくとも7,8歳のころから
何一つ変化を感じることはありませんでした。

それが今年は後半になってから前と比べて反応が遅かったり
ぼーっとしていたりすることが多く、覇気がない感じが多く見受けられるようになりました。
あれだけ大好きだった散歩も、最近寒くなってからはうんち後とっとと帰るようになり・・・
(これは、もしかしたら去勢して散歩欲が前よりなくなったのかもしれませんが。)

一番びっくりしたのが、私が買い物から帰っても気づかず出てこなかったことです。
これまでの12年間、ドアを開けると必ず大喜びの文太がそこにいて
南極物語のタロとジロ並みに私の帰りを待っていたので
留守中に何かあったのかと焦って大慌てでリビングに見に行くと
ソファーで寝ている文太がそこにいました・・・。

「文ちゃん、どうしたん?大丈夫?!」と聞くと
「えーと、おかあはん・・・何やったっけ?えーっと・・・
あ!おかあはん買い物から帰ってきたんや!おかえりー!!!」
と時間差の大喜び。

何事もなくただ単に寝ていただけだったことに心底ほっとしましたが、
「文ちゃん、ほんまにジジィになったんやなぁ。
これからどんどんこんなことが増えていくんやろなぁ。」
と、なんだかものすご~く寂しくなった出来事でした。

とはいえ、元気は元気で目も見えているし耳もちゃんと聞こえています。
毎日遊びタイムは必ずあるし、スイッチオンになれば激しく遊ぶこともあり、
相変わらず食欲も旺盛でうんちもおしっこも優良。

でも、「いつもと何か違う」ことが病気でないことをきちんと確認しておくために
先日念のために血液検査を受けました。

検査はシニアコースでいつもは検査していないような細かい項目までみてもらったんですが
検査の結果は見事に全項目クリアで健康体であることを獣医さんからお墨付きをいただき
めでたく(?)ただの老化現象決定(^^;)

ちなみに、前立腺も去勢後すっかり小さくなり
前立腺がんではなくただの過形成だったことも確認済みです。


自分よりも文太のアンチエイジングに励んでいるとはいえ
「老い」を否定してはいけないと思うし、あるがままの文太を受け止めるつもりでしたが
実際に文太の老いを目の当たりにしたとき、やっぱりどこか動揺している自分がいました。

去年までの文太を見ていると
「ほんまに文太はこのまま年を取らずに20歳ぐらい余裕で生きるんちゃう?」
と心のどこかで思っていたからかもしれません。

「文太との生活が永遠に続くわけではない」
ということを、これまでは自分でしっかりいちいち言い聞かせないと忘れるぐらいでしたが
最近はそれが本当に身に染みてわかるようになりました。

そして、これまでよりもより一層文太との一日一日を、
一瞬一瞬を大切にするようになりました。


来年はもっと老化が進むと思いますが、できる限りゆっくり時が進むように、
楽しいことや嬉しい刺激をたくさんたくさんあげて
寄る年波と精一杯戦ってやろうと思います。(自分自身も!!)




そんな2016年。
今年も文太一家のブログをご覧くださった皆様、ありがとうございました!!

よいお年を~!




関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/2024-fa9a3648