文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

岐阜旅行 その1 白川郷

  0 comments   0 trackback

金曜日にちらっと更新しました通り、25~26日と1泊2日で岐阜に行ってきました。

文太とは2013年3月に夕日ヶ浦で泊まった以来の3年8か月ぶり、
おとうはんと3人(ふたりと一匹)旅行は・・・ 2007年10月の三方五湖以来か!?


泊まりで旅行できなくなった大きな理由は、猫たちを置いていけないってことなんですが
(お出かけ大好きだった幸多だけなら、一緒に行けたかも?と今でも思っていますが)
文太が年をとるにつれ、文太が元気なうちにどうしてももう一度文太と旅行したい
という気持ちが大きくなり、うちの両親に猫たちの面倒をお願いして行くことにしたのです。

猫好きのうちの両親も快く引き受けてくれ、
特にうちの母は「この二日間でひざに乗るぐらい仲良くなるでぇ。(ΦωΦ)フフフ…」
という気合の入れようで。(^^;)
(「いやいや、私ですら膝には乗らんから、それは無理やで!」言うときましたけど。)

「昼間は猫たちは寝てるし、どこかお出かけしてもいいよ。石山寺でも行って来たら?」
と言っていたんですが、「いいや、どこも行かへん!猫たちと一緒にいる!」
と、言い張るとっても心強いシッターさんで(笑)

そのおかげか、旅の途中にちょくちょく様子を聞いていたんですが、
私の心配もよそになんだか全く問題なくて大丈夫だったらしく
母はなんと3匹と一緒に仲良くこたつで寝たそうで(^^;)
(もちろん、布団はちゃんと別室に用意してたんですよ~。)

幸多あたりは怒ってどこかにおしっこしたりするかなぁ?と思ったりしていたのですが
そんなことも全くなく、いつも通り遊んでご飯食べてお昼寝して、と
平和な二日間だったようで、本当によかったです。






・・・でも、それはそれでちょっと寂しいわぁ (T▽T)
っていう複雑な乙女心(笑)





そういうわけで、楽しんできた旅行記。
まずは一日目の白川郷。


道の駅
・・・に着いたら雨



とりあえず、最初の目的地の展望台へ。

世界遺産
おおぉ~!!!これが見たかったのですよ~!



合掌造り
素晴らしい景色。



まだぁ?
山にかかる雲がいい雰囲気になっています。



駐車場からスタート
展望台からの眺めを堪能してから降りたころには雨もあがっていました。



まーまー揺れます
であい橋を渡り



来たでぇ
いよいよ合掌造りの村を散策。



いいねぇ


今昔


最高♪


レトロ
消火栓??ですら、レトロでおしゃれ。




日本昔話の世界。




ホース格納庫ですらレトロでおしゃれ。




向こうの山々には雪が。



黄昏る


もうちょい散策


おとうはん待ち


近江八幡に行ったときもそうだったんですが、こういう古き良き日本の風景を見ると
細胞の隅々にざーーーっと清い水が染みわたっていく感じがします。
子供のころにはきっと理解できなかった感覚やなぁ。(笑)

着くなり雨でちょっとテンションが下がり気味だったんですが、一時的に雨も止んでくれたし
逆に雨の方が人も少なくてゆっくり見れてよかったです。(←ポジティブ!)


もっとゆっくり見て回りたかったのですが、そうこうしていいるうちにまた雨も本降りになってきたので
引き上げて宿に行くことにしました。



虹の彼方へ
途中、虹が。



明日に続く。
(写真が山ほどあるので、旅行記しばらく続きまーす。)




関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/2011-d7cc65f9