文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

そんなの愛じゃない

  2 comments   0 trackback

ちょっと前のことなんですが。
(今日の本文と写真は無関係です。)




とある公園に行ったとき、小型犬をノーリードで散歩させているおじさんがいました。






「あんたみたいな人がいるから、いろんな公園が犬禁止になるんやで! ( `_ゝ´)」
・・・と心の中で思いながらも、早朝だったので私たち以外の人はいなかったし
そのわんこもとても大人しくて、飼い主のおじさんの後ろをとことこ歩いていたので
あまり事を荒立てて朝から気分を害したくなかったので、何も言わずにいました。
(かと言って、「大人しくて言うこと聞くわんこはノーリードにしてもいい」
と思っているわけではありませんけど。)






何とはなしにおじさんの後ろを歩くそのわんこを見ていると
歩き方にちょっと違和感があって目が留まりました。






腰をふりふりいわゆるモンローウォークだったので、股関節が緩いんだろうな、
ということはすぐにわかったのですが、それだけでなくてなんか歩くリズムが気になる。

あからさまに足をひきずっているというわけではないのですが、
普通に歩いていたかと思ったら「タッタッタッタッ タタッ タッタッタッタッ」 みたいな、
途中で微妙にリズムがずれるというか、おかしくなる感じがするのです。
(ほんとに、気のせいレベルですけど。)






文太も股関節と膝蓋骨が緩めなので、歩きすぎたりすると時々足が痛くなることがあって、
散歩のときはいつも歩き方を注意して見ているようにしています。
歩き方の微妙な変化で「痛い」ということと、その度合いが伝わるのです。
 (「歩き方で(足の痛みを知る」 参照)






なので、文太のことならすぐわかるのですが、いかんせん初対面のよそのわんこなので
これは単なる歩き方の癖で、この子にとっては普通なのかもしれないしな~と思いつつ
何か気になるのでついついいつもの癖でじっと観察していました。

そしたら、とうとうそのわんこは座り込んでしまったのです。
それに気づかずにおじさんはどんどん前に進みます。

しばらくして、座り込んだわんこに気づいたおじさんが「○○(名前)!来い!」 と命令します。
すると、その子は困惑した表情(に、私には見えました)を一瞬浮かべた後
よっこいしょっ!と起き上がり、歩こうとしたそのとき、片足がケンケン状態になっていました。
(すぐに元通りの歩き方になりましたけど。)






ああ、やっぱり。違和感の正体はこれか。

関節炎か膝蓋骨も緩いのか、はたまた股関節が痛いのか、
何が悪いのかまでは私にもわかりませんが、「足が痛い」ということは私の目には明らかでした。


この子、大丈夫かな?あのおじさん、ちゃんとわかってんのかな?言ってあげよかな?
と思ったのですが、もしかしたらおじさんもちゃんとわかっていてのリハビリ散歩なのかもしれないし
余計なお世話かなぁとも思い、なんかもやもやしたものを感じながらもそのまま帰りました。
(それ以前に、声をかけるには遠すぎるぐらいおじさんは離れていたし ^^;)








リードは「犬の自由を奪うもの」じゃない。

リードは 「犬の安全を守るもの」 であり、
「犬と飼い主をつなぐもの」 なのです。





毎日散歩をしていると、リードを通して文太の気分や調子がわかります。
リードを通してこちらの意思を伝えることもできるし、会話もできます。


15060508.jpg


いくら賢いわんこだからって、愛犬と離れてずんずん前を歩いていて
後ろをふりむいて気にもかけないで、自分のわんこの痛みを知ろうともしないなんて、
それで 「自由にさせてあげている」 なんて、
そんなの愛じゃない。









ノーリードにする飼い主は、犬のことが好きなんじゃなくて
「犬を自由にさせてやっているオレ」 が好きな人だ、といつも思う。







関連記事

Comment

まみ ""
ノーリードにしてて、怖くないのかな?と常々思っています。
何らかの拍子に車道に飛び出てしまったり、他人に危害を加えて
しまったり…。
100%ないとは言えないじゃないですか。

それに、小型犬といえども犬が嫌いな人からしたら脅威ですよね。
周りの人がすべて犬好きという訳ではないですし。
そういう人への配慮もできないんだなぁと思ったりしています。
現に私の周りにもチワワですら怖くて近寄れないという人がいますよ。
(ガタイのでかい男性なのでちょっと笑えるのですが/笑)
2015.06.07 14:38 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆まみさん"
私の言いたいことを代弁してくださってありがとうございます!
ほんと、そうなんですよね~。

例えば、町でトラを野放しで散歩させてる人がいたとして
「うちの子、ちゃんとしつけてるから大丈夫ですよ。」
って言われてあなた、平気? ていう話ですよ。
嫌いな人にとっては大きさは関係ないんですよね。
2015.06.10 18:01 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/1712-a45b1249