文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

かーちゃんが戻ってきた!

  2 comments   0 trackback

今朝、猫の鳴く声が聞こえてきたので、「もしや!?」と思って外を見てみると
かーちゃんがひとりで戻ってきていました。

昨日もずっと見ていたんですが結局姿を現さず、やっぱりこの子は置いていかれちゃったのかなぁ?と思っていたところに現れたかーちゃん。

子猫がいたところを必死で鳴きながら一生懸命探すかーちゃん。



どうしよう・・・
どうしたらいい?
あの子をかーちゃんに返す?
いや、そんなことできん。

「ここにいるよ」って、ちょっとだけ見せてあげる?
いや、その方がかーちゃんにとっても、ちびちゃんにとっても残酷やな・・・



おとといはかーちゃんを探すちびちゃんの声を聞いて胸が張り裂けそうになりすぐに行動に移しましたが、今度はちびちゃんを探して泣き叫ぶかーちゃんの声を聞いて、自分がかーちゃんのために何もしてあげられないことにもっと胸が苦しくなり、なんだかわからん涙がどばどば出てきました。



かーちゃん・・・
遅いよ。
なんでもっと早くに来てくれんかったん?

でも、ちゃんと探しに戻ってくれたんや。
忘れてたわけでもほったらかしたわけでもなかったんや・・・。
あのときは何か事情があってこれへんかったんやね。

ごめんね。でもちびちゃんはもうそこにはいないの。



かーちゃんの悲痛な叫び声を聞いて、あのとき自分がしたことが正しかったのかさえもわからなくなりました。

でも、あのときあのまま「放っておく」という選択肢はあったのか?

結果的に今こうしてかーちゃんは迎えに来たけど、あのときはもう来ないもんだと思わざるをえなかったし、なんといっても車がよく通る大きい通りに出ていたちびちゃんをどうしても放ってはおけなかった。


じゃー、かーちゃんが帰ってきたからって、「かーちゃんにちびちゃんを返す」という選択肢はあるのか?

いや、せっかくこうして保護した子をまた野良猫にするわけにはいかない。
たとえ今かーちゃんに返したとしても、男の子だしかーちゃんと一生ずっと一緒にいられるわけじゃない。オトナになれば別々の猫生を歩むわけだし、そうなればもっと過酷な生活が待っている。

この子はこのまま家猫として暮らすことが正解なんや。


だから、かーちゃん。
ごめん。
ごめんね。

この子はちゃんと責任をもって、立派に育てるから。
ちゃんと温かい家庭で幸せな生涯を送れるようにしてあげるから。



顔中からいろんな汁を出して超絶ブサイクになりながら、かーちゃんにそう約束しました。



そんなことがあった今日。

むむむぅ

クレート越しに幸多と対面。



なんじゃこれ?
「ちっちゃ!」



こっち来てぇ!
「あなたわ、だれでちゅか?」



昼から家の中を探検しました。

ほえ~


てちてち


ちらっ


すんすん


にゃるほど。


抜き足差し足


むーん


なんじゃ、こりゃぁ!



そして、事務所にも。

ふわぁ~


ていっ


ふぅ~ん


ここわなんでちゅか?


じぃーーーー

昨日はフーシャー言ってた幸多ですが、一日経って充分観察してだいぶ慣れてきたようだったので、様子を見ながら好きにさせてみました。



あやしいもんではございません

見つめあって・・・



よろしくにゃ

エンダーーーーーーーーーーーいあーーーー
(「ボディガード」のテーマ曲で)



なんなの、あれ?

その様子をこっそりのぞき見するあゆちゃん。

私の予想通り、好奇心旺盛の幸多はすぐに打ち解けましたが、環境の変化がより苦手なあゆみはまだ警戒しています。
ま、ここで焦って無理に仲良くさせようとすると逆効果なので、あゆみのペースに任せようと思います。



たりゃーっ!


ふむふむ


じゃーん



あちこち興味津々で動き回るちびちゃんを見守るにーちゃんねーちゃんたち。

よー動くなぁ


むにゃむにゃ

最後は疲れてこんなとこで寝てしまいました。
もともとこんな細い隙間で寝てたから、落ち着くのかな。


ちびちゃん。
あんたはかーちゃんに捨てられたわけじゃないからね。

かーちゃんにも、代理かーちゃんにもいっぱい愛されてることを忘れないでね。


関連記事

Comment

KE ""
ご自身の判断が間違いだったのでは…とお考えになられた時は、さぞ苦しかったことでしょう。。
私も、おかあはんさんの判断が正しかったと思います。
きっと、親離れの日が少し早めに来たってことですよね!
子猫ちゃんの寝顔が、安心して幸せそうに眠っているように見えますね☆
拾ってもらったのが、おかあはんさんで良かったなーと勝手なことを思ってしまいました(^^;;
子猫ちゃんに幸あれ!!
2014.07.27 19:28 | URL | #Zk/lHUeI [edit]
おかあはん "☆KEさん"
ちびを呼ぶ、あのかーちゃんの切ない声はもうたまらんかったです。
一瞬「返しに行こうか?」と本気で考えたぐらい。

でも、やっぱり一時の気の迷いでまた野良猫にしなくてよかったと
楽しそうなちびを見るとそう思います(^^)
2014.09.10 19:13 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/1509-850b9e6c