文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

タイルの床

  0 comments   0 trackback

ここ数日、あっという間に気温があがったなー


雨はもう終わり?


エアコンつけてないのに


家じゅうひんやりボード、みたいな。


のーてんきか。


我が家の玄関と会社部分、リビングの床はタイルにしています。
家づくりを考えるとき、いろんなことを考え合わせるとタイルが一番いいな、ということになって。

なんでかって言うと・・・。


●畳
個人的には畳の感触も匂いも大好きですし、調湿もできるし、
日本の生活には一番あっていると思います。
でも、獣が三匹もいるとすぐにボロボロになるのでNG。
(ゆえに、我が家に和室はありません。和室、大好きなんですけどね~。)

●フローリング
滑りやすく、ただでさえ関節が弱い文太のためにフローリング(合板)はNG。
(階段など、一部フローリングも使用していますが。)

事務所はフローリングなんですが、汚れたらそこだけ洗ったり変えたりできるように
全面にタイルカーペットを貼っています。

●無垢材
木のにおいのする家にめちゃくちゃ憧れたけど、値段が高いのと、
傷がつきやすいなどのメンテナンス面を考えると無理かなぁ~と。

●カーペット
足腰のためにはクッション性もあっていいのですが、毛が取れにくかったり、
ニオイなど衛生面がちょっと・・・。


で、タイルになったわけですが、素焼きっぽい素材なのでまったく滑りません。
びっくりしたのが、引っ越してから普通にスリッパを履いて歩いていると
2週間ぐらいですぐにスリッパの底がぼっろぼろになりました。
「滑りにくい」ってこういうことね(^^;)と、身をもって実感。

そして、夏は冷たくてめっちゃ気持ちいいです。
最近はみんな↑こんな風に、床に寝そべっています。
部屋中ひんやりボードって感じ。

タイルは床暖との相性もよくて、我が家のリビングも床暖をつけているので
冬でもポカポカ幸せ~♪でした。
(床暖のついていない箇所を踏むと、冷たくてびっくりしますけど。(笑)

ただ、デメリットは硬い!
畳生活に慣れていたものとしては、なんかびっくりする硬さです。
そして、重いものや鋭利な物(ドライバーとか)ものを落とすとひび割れがします。


純粋に足腰だけのことを考えると、畳、カーペット、無垢材の床なんかが
やっぱりいいのかなぁという気がします。

でも、うちの場合、文太がこの家で老後を過ごし生涯を終えることになるということを考えると、
「下の世話」のことをどうしても考えなくてはいけなかったんですね。

今はまだぴんぴんしてますけど、もっと年をとれば粗相が多くなる可能性は多いにあるし、
そうなるとやっぱり畳やカーペットだとおしっこ掃除が大変だし、
「そこでしちゃダメ!」ってあんまりカリカリしたくないな~と。
(↑パピーの頃に散々経験済みなのさ☆)

文太がよぼよぼのじーさんになって、あちこちでおしっこやうんちをするようになったとしても
「大丈夫、大丈夫、生きてりゃOK!」 と笑って言えるように、
掃除をしやすい床にしておきたい、と思ったのです。

なんてったて、25歳まで生きてもらう予定ですからね~!(笑)



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/1503-39eaa87f