文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

ブログを始めた理由

  0 trackback

昨日は文太が来てから9周年記念の日でしたー

いつもの日常をお届けします
 *写真と文章は関係ございません。*


何年経ってもあの天国から地獄(?)へ急直下した日のことは忘れられません。
何度 「こんなはずじゃなかった!!Σ(゚д゚lll)」 と思ったことか


ちなみに、ちょっと前の写真です


毎年、この日が来るたびに大変だったあの頃のことを思い出し、
私の言うことは何でも聞いてくれるおりこうになってくれた今の文太のことを思い、
「どんなにかわいいパピーでも、あの頃には二度と戻りたくないっ。」 という気持ちと
「今の自分のままもう一回戻って、今度は迷わず焦らずちゃんとわかりやすく教えてあげたい。」
という気持ちが入り混じります。


今日は久しぶりに太陽を見ました


今の自分なら、もっと楽に、気楽に、おおらかに、文太育てが出来るのになーって。
他の人やワンコと比べて、文太が「できない」ことにも、
自分が「ちゃんと教えてあげられない」ということにも短絡的に落ち込んだりしないし
(そもそも、他人とも他犬とも比べちゃイカンのです)
出口が見えない不安に襲われて焦ることもないのになーって。
みんな最初はそんなもんやで、って思えるのになーって。


水分補給も忘れずに


でも、最初から文太が手のかからないいい子だったら、
私はきっといつまでたっても 「犬」 のことを知らないままだったし
文太の気持ちに寄り添うことも、文太のことをもっとわかりたいと熱望することもなかったと思う。


猫神社です


どうにかしたいと必死でもがいて、いろんな失敗をして、いっぱい寄り道をして
思いつくことは何でも試してみて、自分自身で答えを見つけていく。

そんな時間と努力が、文太との絆を深めるのに一番大切だったんじゃないかなぁ。
と、今となってはそう思っています。(これも毎年言ってるなぁ~・笑)


ちょっと休憩。


そして、そんな機会を与えてくれた文太には、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。


帰ってきたよー


文太育てに悩んでいた頃、今ほどブログも一般的じゃなく数は少なかったけど
先輩フレブルオーナーさんのブログもいくつかあったので、
何か犬育てのヒントになることはないかと片っ端から拝見しました。
(巷のしつけ本は全く参考にならないと悟ったので・笑)

でも、みなさんどれもこれも毎日楽しそうで、苦労話にたどり着くことはありませんでした。
(9年前の話です。今はフレブルブログもいっぱいあるので、それなりにいろいろあるかも。)

そして、それを見るたび余計に落ち込みました。
「なんで、文太だけ・・・。なんで、自分だけ・・・。」って。


だから、文太育てがひと段落して文太がようやく言うことをよく聞くようになってくれた頃、
「犬を飼うって、楽しいことだけじゃない。大変なことだっていっぱいある。
 でも、それを乗り越えればもっともっと絆は深まる。」ということを伝えたくて
『おかあはんの親バカ日記』を書きました。

そうすると、あんなに「文太だけ・・・。自分だけ・・・。」と落ち込んでいたのが嘘のように、
いろんな人から「うちの子も最初はそうでした!」とたくさんコメントをいただきました。

なぁ~んや、みんなおんなじやんー!落ち込んで損したー!
もっと楽しめばよかったー!
と、どれだけ拍子抜けしたことか


だから、時々「しつけに悩んで、文太のブログにたどり着いて『親バカ日記』全部読みました」
と言っていただける方がおられると、少しでもお役に立てて本当に嬉しく思います。


おかえり~


9年前にはまさか猫の弟妹が増えようとは、夢にも思わなかったな~。

幸多が来て文太部長一家第二章が始まったときも、それはそれはいろいろ大変でした。
(これもいつか書こうと思ってまだ書けていないので、近いうち・・・。)


お外、お外~♪


今ではすっかりふたりの頼れる兄貴になってくれました。


毎日の日課です


最近は文太もすっかり寝てばかりの毎日で(ん?いや、もっと何年も前からそうやったな
ついついサボりがちの文太部長一家ブログですが、時間のあるときにはボチボチ更新しますので
10年目からもどうぞよろしくお願いします♪


文太が家族となった日』 他、文太育て奮闘記はこちらから

関連記事

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/1380-ba47ddea