文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

犬の知性&行動研究調査

  0 comments   0 trackback

終日いいお天気で暑いぐらいだった土曜日、
久しぶりに京都御所に行ってきました。

久しぶりやなー


苑内を歩いてー
パトロ~ル、パトロ~ル、と♪


ニオイ嗅いでー
ほぅほぅ、なるほど


ニオイ嗅いでー
なんと、そんなことが!


立ち止まってー
はぁ~、気持ちええなぁ♪



京都御所の充分満喫した後、京都大学で動物心理学を研究されている
CAMP-WAN」さんの犬の認知行動心理学の調査に参加させていただいてきましたー!

前回、昨年の12月以来の2回目の調査です。

今回も「文太がどのように人間を見ているか」を垣間見れて、新たな発見もあり、「やっぱりそうか。」と思うこともあり、飼い主としてはとっても興味深かったです。

前回の調査の後、それまでの調査結果をまとめた調査報告書をいただいたんですが、これがまたものすご~く内容の濃い、大満足な報告書で、犬の行動学に興味津々の私としてはウハウハでした。
(いやぁ、もっと時間とお金と知能があれば、私も京大に入学してこんな研究したいー!と本気で思いましたとも。)


んが、そういう難しいことはひとまず置いといても、調査はゲーム感覚て楽しめるものですし、ご自身の愛犬が「こんなときどうするか」ということを客観的に知るとてもいい機会だと思います。

まだまだ調査に協力してもらえるワンコを募集されていますので、興味のある方は是非ご参加してみてください♪


で、調査の様子の写真を一枚も撮ってなかったので(^^;)
CAMP-WANさんのブログ でご紹介していただいてますので、ご覧下さいませ♪


今回の調査とは直接関係ないんですが、こちらのプロジェクトを主催されている京都大学教授の藤田和生先生の著書もとても面白かったです。動物好きな人なら楽しんで読めるのでおススメ☆

動物たちのゆたかな心―心の宇宙〈4〉 (学術選書)動物たちのゆたかな心―心の宇宙〈4〉 (学術選書)
(2007/04)
藤田 和生

商品詳細を見る


楽しい休日でしたー!

おやつもいっぱいもらえて、キレイなおねいさんたちにちやほやされて、
大満足の文太でしたー!


「犬とはどういう動物か」という本質を知り理解するということは、私たち飼い主にとっても犬とのよりよい関係を作るのにとても役立つので、これからもどんどん研究が進んで人間が犬のことを本当に理解できる世の中になればいいなぁと願っております。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/1277-319557b8