文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

自称「犬好き」の困った行動

  9 comments   0 trackback

文太は人嫌いではありませんし、他人に向かって吠えることもほとんどありませんが、誰かれ構わず「なでて!」といくほど他人を好きでもありません。

それでも女性(特に若くてキレイなおねいさん・笑)は好きで、「キャー!かわいい!」とちやほやされると、とっても嬉しそうに自分から寄って行って「そうやろ?よー言われるねん。こんなにかわいいボク、なでとく?(´∀`*)ウフフ」という顔になります。

一方、男性(特に年配の方)にはなぜだか全く興味ナッシングで、話しかけられても「俺様に話しかけるな」オーラをむんむんさせて全力で無視することも多々あります(^^;)(特にトラウマなどもないんですけどねぇ。)

それとは別に、男女に関わらず、また犬にも共通することなんですが、「無礼者」が大嫌いで、無礼者には容赦がありません。(それがわかっているので、その前に私が制止しますけど。)

「無礼者」って、どんなんかわかりますか?


たまに来る宅配便のおじさんが「自称犬好き」で「犬のことなら任せてくれ!」風なんですが、いつもびっくりするぐらい間違ったことのオンパレードなんです。

どんなことかと言うと・・・

 ↓↓↓


①しゃがまずに上半身だけかがんで覆いかぶさる
②ばっといきなり手を出し頭をなでようとする
②犬の顔をがしっと持って、自分の顔を近づける
④目を見つめる


これらは「犬好き」の人がやっちゃいがちなことなんですが、見ず知らずの他人にやられると犬が嫌がることですし、神経質な犬ならば噛まれてもおかしくない行動です。(だからと言って噛むことが許されるわけでは決してありませんが。)

自分の縄張り(家)の中で、突然やってきた見ず知らずのおじさんにここまでいろいろ無礼なことをされると、さすがに文太も体と顔がこわばり緊張がみるみる高まって、今にも飛び掛りそうになっていくのが私には目に見えてわかります。

と言っても、吠えるわけでもなく見た目には大人しくじっと座っているだけなので(私が判子を押したりしている間「スワレ」と指示しているので)、そのおじさんは文太が嫌悪感をあらわにしていることなど全く気づいていません。

これ以上このおじさんに文太を触らせると危ない、といつもさりげなく私が間に割って入って文太をそのおじさんから離して文太を落ち着けます。ガウガウ言ってから叱るより、ガウガウ言わせないことが何よりも大事なんです。

そのおじさんはもちろん悪気があったわけではないし、本当に犬好きなんでしょうし、おそらく自分ちのワンコにはそうやって接しているんだと思います。

でも、よその家の初対面のワンコとは家でやっているのと同じように接してはいけないこともたくさんあるのです。

犬には犬のマナーがあります。誰からも撫でられるのが好きなワンコもいれば、他人が苦手なワンコもいます。

「かわいいワンちゃんだから触りたい!」という気持ちはわかりますが、そうしたいのなら、まずは飼い主に触っても大丈夫かどうか聞くこと!これをしない「自称犬好き」が多すぎる気がします。

そして飼い主の了解を得たら手を出して(パーにせずにグーで)犬にニオイを嗅いでもらい「自分はこれこれこういうものです。触らせていただいてもよろしいでしょうか?」と先に自己紹介し、犬にも許可をもらってからゆっくり触る、というのが最低限のマナーだと思うんです。犬に対して敬意を払うことだって必要です。

犬の性格や気持ちを考えずに、「自分は犬好きだし犬に慣れているから」、とよその犬を不用意に触ろうとするのは、単に自分本位なだけであって本当の犬好きではないんです。 

相手が嫌がってることもお構いなしに「自分が好きだから触る」って、それもう痴漢と同じレベルですやん??

ちなみに、私は散歩中に当たり前のように勝手に触ろうとする通りすがりの「無礼者」には、さらっと「この犬、噛みますよ(^^)」と言うことにしています。噛みませんけど。噛ませませんけど。文太に不快な思いをさせたくないので。



なんで急にこんな話をしているかというと。


先週とあるテレビ番組で「犬を好きな国ランキング」というのをやっていたんですが、ランキングはともかく、その後の犬とのふれあいが私の目にはあまりにもなんだかなぁー・・・だったのですよ。

世界一犬が好きな国(世帯あたり犬を飼っている頭数が多い国)はチェコなんだそうで、チェコの犬事情がいろいろと紹介されていました。犬好きな国というだけあって、しつけも行き届いているため犬連れで行ける場所も多く、飼い主がとっても「オトナ」だなーという印象を受けました。

それはすごく興味深かったんですけど、その中で過去に飼い主に捨てられて(しかも走っている車の中から放り投げられたそうです)、人間不信になっているワンコがいましてね。

その犬との信頼関係を築こうと犬好きの男性タレントさんがチャレンジしていたんですが、んまぁ~~~犬が思いっきりわかりやすぅ~く嫌がっているのに、初対面で(←多分)抱きつかんばかりに撫でたおすわ、顔近づけるわ、なんだか見ていてひやひやしていたんですよ。

そして、最後は奇跡の結末に感動の涙、って。。。(この手の無理やり感動話を作り上げてスタジオにいるタレントに涙流させる番組、個人的には大嫌いなんでいつもは見ないんですけど。)

本当に傷ついた犬を助けたいのなら、必要なのは同情じゃなくて犬への理解。

この男性タレントさん、すごく犬好きなのはわかります。感じの良い方ですし、なんとかしてあげたいという熱意も伝わってきました。でも、基本的な犬のシグナルすら読めてないし、犬のことをわかってなさすぎ。(しかも「世界一犬と会話できる男」とか自分で言っちゃってましたけど。)

それを堂々と何の疑問も持たずに「感動話」としてテレビで流しちゃう日本って、やっぱりまだまだ犬先進国とはほど遠いよねー・・・とがっくりきました。



愛するということ。

人によって定義はそれぞれだと思いますが、私にとってのそれは、相手を知りたい、理解したいという気持ち、そして相手に敬意を払うことです。



犬をもっと知りたい人にお勧めの本

ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイドドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
(2011/08/19)
ヴィベケ・S. リーセ

商品詳細を見る
オールカラーで写真満載、すごくわかりやすくて本当におススメです。


犬語の話し方 (文春文庫)犬語の話し方 (文春文庫)
(2002/09)
スタンレー コレン

商品詳細を見る
犬のことばを知りたい人に。
関連記事

Comment

たけしん ""
こんばんは。
私も反省させられるお話でした。
「可愛い」が先行してこっちのやりたい放題。犬にとって見知らぬ人間に必要以上にパーソナルスペースをおかされて、拘束される。これは苦痛以外の何者でもないですね。これからは、私も、飼い主さまに声をかけてしゃがんでまずはグーで私を知ってもらってから、やさしく触るように心がけます!
2012.05.14 20:22 | URL | #- [edit]
ぶのまま ""
おかあはん様。
いつも為になるお話、本当にありがとうございまーーす!!
『なるほどー』の連発&納得。

やっぱり犬好きではありますが、よそのワンちゃんと触れ合おうとする時は気を遣いますね。
今迄やってた事は、そこそこ間違っていなかったのでホッとしました。

『この犬、噛みますよ。』
私も今後使わせてもらいます(笑)!!
2012.05.15 09:40 | URL | #17ffXHcs [edit]
saya "私も勉強に反省さられるお話でした。"
他人の方のわんこを触らせてもらう時は
おかあはんのおしゃるように許可を得ていましたが
わんこににもぐ~を作って匂いを嗅がすことは
していませんでした。たいがいわんこが寄ってくるので
許可後すぐ頭の上からではなく(警戒すると聞き)下から
手を出し首の横から撫でていました。後は、話しかけるだけ
とかですね。でもわんこって友達?知らない方とも
コミュニケーションができ良いとこともありますね。
うちはにゃんこ散歩に行けないので・・・。
2012.05.15 12:02 | URL | #- [edit]
城陽のみぃちゃん ""
以前、文ちゃんとご対面させてもらった時の私の態度を
思い出し、超反省ですぅぅぅ(泣)
ホント未だにワンちゃんの事を理解していなくって・・・
目からウロコのお話し、ありがとうございます。
文ちゃん♪私若くてキレイなお姉さんじゃないけど
今度逢ったら、仲良くしてな~♡
2012.05.15 13:38 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆たけしんさん"
ありがとうございます(*^_^*)
犬が「いやだなぁ」と思っていることを知ることも大切なんですが
それよりも下手すると噛まれることもあるかもしれないので
気をつけてあげていただければ幸いです♪
2012.05.15 18:37 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆ぶのままさん"
いつも読んでくださってありがとうございます。

私もおともだちワンちゃん(ノンタンとかパオちゃんとか)
ですら、文太と同じようなことはできませんです。
(ちゅーとかぎゅーとかしてるので・笑)

「この犬、噛みます」作戦、
みんなビビッて逃げてくれます(笑)
2012.05.15 18:41 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆sayaさん"
確かに、ワンコ連れだと知らない人とコミュニケーションできますねー。
うちは文太がいてくれたおかげで
同じ町内じゃない近所の方たちとも
お話させていただくようになりました。
まぁ、いつも文太とセットで認識されるので
私ひとりだと気付いてもらえないことも多いんですが (^^;)
2012.05.15 18:48 | URL | #- [edit]
おかあはん "☆城陽のみぃちゃん"
いやいや、あのときはきれいなおねいさんに
「なでて、なでてぇ~」って文太から行ってたので大丈夫ですよ。
っていうか、文太の方が耳ベロベロ舐めたり無礼なまねをしてましたし(^^;)

スキスキしてもワンコの方が喜んでいるならいいと思うんですよ。
(超えてはいけない一線もありますけど)
大切なのは、犬の様子をしっかり観察して
気持ちを考えて対応するってことですね~。
2012.05.15 18:56 | URL | #- [edit]
立ち止まり "ふうん"
上から目線ですね。
2012.07.25 14:21 | URL | #pt67g6gE [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/1190-1f317e1b