文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

毛皮コート絶賛☆制作中

  0 trackback




「寒いから、お洋服着て温かくちまちょうね~♪」
っていうのは、とっても人間的な考え方だと思う。


人間は毛皮がないので寒いときは服を着るしかないけど、
犬やネコには立派な自前の毛皮があります。

人間が動物の毛皮のコートを着るのは絶対反対だけど、
犬猫にとっては、自前のリアルファーが一番!
フリースよりもヒートテックよりも、何よりも一番温かいんです。

そして、その毛皮は寒いときにちゃんと「寒い」と感じて初めて
体の防御反応としてフッサフサに生えてくるんです。

年中気温が調節されたところにいると、自分で体温調節する機能が失われて
逆にどんどん弱いからだになってしまいます。

だから、寒くとも洋服は着せずに散歩させ(歩けば体は温まります)
毎日マッサージとブラッシングで血行促進して
せっせと冬毛を育てて(?笑)います。


東洋医学には「人と自然は統一体である」と言う思想があり
自然に反することをすると病気になると考えられています。
(たとえば、夏に冷房をガンガンにきかせたり、冬に暖房で暑くしすぎたり)

暑い夏には汗をかき、寒い冬には汗腺を引き締めて熱を閉じ込める。
そういう体の機能をしっかり働かせた方が、健康のためなんですね~。

犬にとっては、「寒いときには洋服を」というよりも
「寒いからこそ、しっかり寒さを感じてちゃんと冬毛を生やす」
ということの方が、本当の愛情だと私は思っています。

(ただし、体温調節の苦手なパピー、老犬、心臓の悪いワンコ、
 シングルコートのワンコは決して無理させないでくださいー!)


●関連記事
寒い冬こそ裸主義!
被毛(コート)の話


関連記事

Trackback

trackbackURL:http://buntabucho.blog54.fc2.com/tb.php/1041-4e8ce4b6