FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と5にゃんず、幸多、あゆみ、ちび、健、さゆりの楽しい毎日

About us

*長男:フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命

*次男:茶トラ猫 幸多(こーた)*
クールを装う甘えん坊マザコン野郎

*長女:白グレー猫 あゆみ*
クールビューティツンデレクイーン
今はお空からみんなを見守っています

*三男:サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり

*四男:サバ白 けん坊(健)*
心やさしきウルトラビビリ

*次女:ハチワレ おちゃゆ(さゆり)*
けんにぃ命のお転婆っ娘。

老犬ゆえの完璧な仕事

  0 comments   0 trackback

ここ数週間の健とさゆりのうち慣れ訓練ですが。

文太のことも初対面からさほど怖がらず
こーたは毎日何回もふたり部屋訪問をしているおかげで少しずつですが慣れてきて

18053001.jpg

こんな感じで窓際でくつろいでいるときにこーたが近づいても大丈夫になり
よしよし、とほくそ笑んでいた矢先・・・

先週、このネットにちびが飛びつき上までのぼって上から侵入しようとする事件が勃発。
(間一髪のところでドアを閉めて事なきを得ましたけど。)

そのネットに飛びつく音があのふたりを震えあがらせるのに十分すぎるほど激しく
せっかく積み重ねてきたものがいとも簡単にゼロになってしまいました・・・ _| ̄|○


それ以来、こーたとちびがドア付近にいるときは近寄らなくなり
ちびはおろか、こーたのことも文太のことも恐れる始末。
(私のことだけは、今まで通り喜んで遊んでくれてます←ささやかな自慢)


それでも、失われた信頼を取り戻すべく毎日のもぐもぐタイムには必ずネット越しに対面。

ふむふむ
ただ、あの事件以来、食にさほど執着心のないおちゃゆは来なくなっちゃいました・・・



ちゅーるがいいにゃ
食いしん坊のけん坊も最初は渋っていましたが、ちゅーる様様のおかげですぐ出てきました。
(マジで、ちゅーる様様。笑)



こーたもめげずに毎日部屋訪問。

むふふ
最近はここまでくるようになりました。



あともうちょっとにゃ!

こーたは落ち着いていて、ただ近づいてあいさつしたいだけに見えるんですが
下にいる私はふたりの様子が見えず(これは手を伸ばしてスマホで撮ってます)
もしパニックになって上から箱とともにみんな落ちてきたらイヤやな・・・
と思ってもう少し様子見です。



どうゆーつもりにゃ?
こーた訪問後に寄り添うふたり。

ちなみに、「こーたが来る=いいこと」になるように、
こーたが来た後には毎回おやつ(シーバ)を一粒おいていっています。



そんな中、長老は。

ん?
思った通りの無反応(笑)



健とさゆりを迎えるにあたり、私の思い込みによるいろんな「想定外」がありました。
なんといっても、女の子だと思い込んでた「ねーね」が男の子だったこと、
多分すぐに仲良くなってくれるやろうとこれまた思い込んでいたちびが爆弾だったこと、
そして、人慣れはしていなくても、猫たちは大丈夫やろうと思い込んでいたけど、
ねこたちのことも恐れるということ。(ケンカになるよりはましですが。)

でも、唯一の(と言っていいほど)想定内すぎる想定内が文太。

けんちゃゆのことを見ても、「あれ?誰やったかな?あんな子いたっけ?」
みたいな感じで最初は「???」になっていたんですが、
そのうち「ま、いっか。」と全く気にせず。



ふーっ

先週末から、ふたりの放牧&遊びタイムに文太も連れていっているんですが
無関心にもほどがあるほどの無関心。


そして、この「無関心でいる(構わない)」ことが、
ビビりなあの二人には、「文太は無害である(怖くない)」と教えるのに何よりも大事なんです。


ちびのネット上り事件があってから、文太のことも死ぬほど怖がるようになり
最初は部屋から一切出てこなくなっていたんですが、
文太が全力で完璧な仕事(寝てるだけ・笑)をしてくれたおかげで、
少しずつ部屋でも遊ぶようになり、今ではこっちにも少し警戒しつつも来てくれるようになりました。








文太がいてもいつも通りはっちゃけてリラックスして遊べるようになりました♪



あがー

何がすごいって、最近調子にのってふたりで追いかけっこを始めたり
結構ドタバタしているのに、文太がほとんど寝てるか、起きていてもぼーっとしているんですよね~。



あれはおもちゃかにゃにかか?


若いころの文太ならあり得ないけど、年の功ってすばらしい!!!
耳が聞こえないってステキやん。
老犬、万歳!!!


そんなこんなで、先週ちびの事件&かーちゃん事件もあってへこんでいたんですが
文太がまた頑張る力をくれました。
文ちゃん、ありがとう



●おまけ●
ベロ出てますが、にゃにか?
けん坊、よくベロをしまい忘れてます。(*´艸`*)


西宮&神戸南京町

  0 comments   0 trackback

日曜日、おとうはんが西宮で仕事だったので、つきそいで一緒に近くまで行ってきました。

おぅ?
まずは西宮浜へ。



どれどれ
さくっと木陰を散歩。



暑っ
木陰を抜けてヨットハーバーに来たら、日差しがきついっ。



苦しゅうない

さわやかな晴れだったので、まだそんなに気温は高くなかったけど
さすがに日向は暑いので、女優ばりに日傘で防御。
(たとえ従者に日が当たろうとも、なんとしても文太様だけはっっ)



いちいち止まるな
港町~って感じ。



やったねっ!
日向は暑くて歩けるところもないので、結局すぐにこうなる。@フリアンディーズさん。



おうっ!?
このとき、まだ10時前。朝ご飯も食べてきたので全くお腹空いてなかったんですが
文太のためにモーニング頼みましたがな。(トーストを少しあげるため)



あんぐっ
これがお出かけの醍醐味やもんな~。



この後、お仕事の終わったおとうはんと合流して

18052809.jpg
神戸の中華街、南京町へ。



うまそーっ
最初に目についた北京ダックから始まり・・・



ボクのは~?
食べ歩きパラダイスで色々食べたけど、例によって写真なし(^^;)



楽しすぎるぅ~
色々ありすぎて目移りしちゃう☆




途中のレストランで「わんちゃんも一緒に入れるよ!」って何度も呼び込みされました。
(今回は行きませんでしたけど、犬が入れるところも多いみたいです。)



次何食べるぅ?
端まで見て回って



おお~
熱気で暑かったので、果実まるごと氷を食べることに。



うふっ
まるごと氷いちご♪



うまっ
文太もクールダウンのためにお裾分け。


暑くなってきたし、色々食べて大満足で帰りました~。




切なかった出来事&新たな決意

  0 comments   0 trackback

先週の水曜日の話ですが。


夕方、突然そわそわして鳴きながらうろうろするけん坊とおちゃゆ。



ドアを開けていても、幸多とちびが待ち構えているときはめったに近寄らないんですが
構わずそこから窓の外を見ています。



これはもしや・・・
と思って、外に確認に行くと

いちいち出てくんにゃ!
やっぱりチミか。(ちび&けんちゃゆのリアルかーちゃん。)


窓の外からかーちゃんがうちのガレージに来るのが見えて
大音量でニャーニャー一生懸命かーちゃんを呼んでいたけん坊。
(その時点ですでに切ない・・・)


かーちゃんは去年の12月中旬にある日突然子猫たちのいる場所に戻らなくなった後、
うちのガレージには全く寄りつかなくなりました。
(多分、戻るといつまで経っても子猫たちが親離れができないからだと思う。)

たま~にうちから離れた近所で見かけることはあったものの
ガレージにこどもたちの様子を見に来ることはありませんでした。



失せろ!
またまたぁ。そんなこと言うて。お腹すいてるくせにぃ。
(ニヤニヤしながら近づくと、盛大な「シャーっ!」をお見舞いされる。←いつものこと。)



実は、1ヶ月前にも同じようにガレージでババァを呼ぶかのように
ニャーニャー大音量で鳴いていたことがあり、
ごはんを少しだけあげると速攻食いついて、一気食いをしていました。

たしかそのときも雨の日で、食べるものがなかったのか
お腹が空いて切羽詰まっていて、最後の砦のババァを頼りにきたのかなーと。



ボクちんはここにいるよ
泣きそうな顔で(ってか、ニャーニャー鳴いてる)見つめるけん坊。




とりあえず、強がりを言うかーちゃんにごはんを持っていくと

いただくっ
器置いたとたん食べ始めとるやないかい!
やっぱりお腹空いてたんやねぇ。



18052505.jpg
必死に叫んでかーちゃんを呼ぶけん坊 (ToT)



おちゃゆはもうかーちゃんのことを忘れてしまったのか?
かーちゃん代わりのけんにぃさえいてくれればそれでいいのか?
さほど気にする様子でもなかったんですが(「え?誰!?」って感じ)
けん坊は多分うちに来るまで時々かーちゃんにも会ってたんやろうし
1歳過ぎまで一緒にいたんやったらかーちゃんのことは覚えてるんやろな~。
(ちびも多分全く覚えていなくて、見かけても知らんぷりです)


当のかーちゃんはというと・・・

外野がちょっとうるさいわね
どれだけニャーニャー言われても全く気にせず食べ続けています。




そして、食べ終わったあと、けん坊のニャーニャーに応えて?
「ニャー」と一声鳴いたあと

あばよ
とっととどこかへ帰っていきました。(雨宿りわい!)


「元気でにゃー。」なのか、「また来るにゃー。」なのか
はたまたババァに「ごっそさ~ん」なのか(←これはないか。)
どういう意味だったのかは私には知る由もありませんが
そのあと、去りゆくかーちゃんを見送ったけん坊の鳴き方が更に激しくなり、
胸が痛くなってしまいました。。。

勢いで「いっそのこと、かーちゃんも捕まえたろか!?」
と思わずにはいられませんでした。


が、けん&ちゃゆは警戒心強い超ビビりですが、かーちゃんは警戒心も強いけど
気も強くてビビりという感じはなく、ほかの猫たち(主に縄張り争いと思われるメス猫)
と喧嘩をしているところも何度か見かけたことがあるので、
ただでさえ今うちのにゃんずたちに慣らすのに手こずっているのに
かーちゃんまでとなるとさすがにちょっと自信がなく・・・。

かーちゃんに会いたいけん坊には申し訳ないけど、あきらめてもらうしかありません。
(けんを野良猫に戻すという選択肢は私にはないので。)


けん坊の様子が気になって後で部屋に見に行ったんですが
なんだかものすごくわかりやすくしょぼくれていて
いつもは主にトランポリンの上か窓際で寝ているのに
うちに来た頃のようにトランポリンの下で隠れるようにじっとしています。

「かーちゃんに会いたかったんか?ごめんやで。もう会いには行けへんねん。
あんたはかーちゃんの代わりにババァに甘えたらええんやで。
ババァは絶対あんたたちのこと見放さへんし、見捨てたりせーへん。
いつでもあんんたたちの味方でいる。怖くないようにしてあげる。
楽しいこといっぱいしてあげる。美味しいものいっぱい食べさせてあげる。

『永遠の子猫』でいられるのは、家猫の特権やねんで。
だから、お願い。もうちょっとだけがんばってうちに慣れよう。
ババァと一緒にがんばろう。にーちゃんたちと仲良くなって
いつでも好きな時にどこでもいけるように、がんばろう。」

けん坊をなぐさめるように、そう話しかけながらなんか涙が出てきてしまいました。


あの子たちは別に私たち飼い主になつかなくてもいい。
心を開いてくれなくても、毎日楽しく暮らしてくれたら、それでいい。
この日までは、そう思っていました。

でも、この出来事で考え方が180度代わり、それではイカンと思うようになりました。
野良生活をしていたとは言え、けんはまだ一歳ちょっと、
さゆりはまだ10ヶ月のこども。まだまだ甘えたい盛りです。

けんに話しかけた自分の言葉にハッとして、
「そうや。私があの子たちが甘えられて頼りにされる存在にならんなアカン。
私がかーちゃんの代わりになってあげやなあかんねんや。」と。

自分のためではなく、あの子達のために、家の中で生きていく上で
安心できて頼りになる存在になってあげないといけないし、
自分が最初からそれを放棄してはいけないし、あきらめてはいけない。
そのための努力を怠ったらあかんねんや、と。

それが「野良猫を保護する」という責任なのかなぁ、と。


結局、そのあとしょぼくれているけん坊をネガティブな感情のまま一日を終わらせないよう
いつものように遊びに誘いました。

最初は全く乗り気じゃなかったけど、あの手この手で誘惑するうち
ノリノリになっていつもの楽しいけん坊の遊びができました!
そして満足した様子でごはんを食べ、プレイセラピー完了。
(遊びに集中したかったので、写真なし。)

翌日はいつもと変わらず遊びを楽しみに待ってくれていたので
ちょっとホッとしつつ、新たな決意とともにまたがんばる勇気をもらいました。


焦らず、あきらめず、頑張ろう!



鞍馬寺

  0 comments   0 trackback

いろいろネタはあるんですが、例によってブログアップの時間が取れずに
ごめんなさい m(__)m

これまた週末の話ですが、日曜日は晴れていたものの肌寒いぐらいだったので
京都の鞍馬寺に行ってきました。

ほ~
その前に、大原の里の駅に立ち寄り。



どれどれ
鞍馬寺に到着。


鞍馬寺は
・リードを短く持つ
・糞尿禁止(してしまった場合は持ち帰り)
・参道はOKだけど、建物&ケーブルカーはキャリー等でもNG
などいくつか条件がありますが、(どれも犬連れのマナーとしてごくごく当たり前の事項です)
それを守れば犬連れでも大丈夫です。

最初に入山料を払うときに念のために犬が入ってもいいか聞いたところ
ペット連れ参拝の注意事項の紙をいただきました。



でーん



よーっし
この季節、新緑に朱色が映えますね~。



がんばるべー!
階段は抱っこで。今回はやっと痩せる気になったおとうはんのトレーニングも兼ねて(^m^)



どれどれ



ほぅほぅ
間にいろいろ神社があります。



商売繁盛もあるけど
こちらの由岐神社は「子宝祈願」「縁結び」押しだったので
これ以上は(猫の)子もご縁もちょっとご遠慮したいので、軽く会釈してスルーで(^^;)



まだまだ歩けるよ!
緩やかな坂道は筋力アップも兼ねて歩きます。



余裕!


やれやれ
この日は全然暑くなかったんですが、さすがに山道を歩くとハァハァ言い出したので抱っこで。



楽ちん~
結構な山道が続きます。



え?おわり?

山門から休憩しながらぼちぼちあるいて30分ぐらいでようやく本殿に到着。
奥の院参道には牛若丸が天狗と修行をしたと言われる険しい山道があるんですが
おとうはんの体力を鑑み、とりあえず今回は(次回はあるのか?笑)断念。



帰りはおかあはん
下り坂の方が意外と筋肉使うんですよね~。



霊験あらたかな
由岐神社のそばにあるご神木。



おとうはんに交代
来た道を戻り、お昼はどうしようかと言いつつ車を走らせ~



勝手知ったる
近江神宮でマルシェをやっていたので、戻ってきました。



やったね!
ハンバーガーやらピザやら色々食べて帰りました。



もっとほしいけど!
「余は満足じゃ~♪」



14歳でもまだまだ現役!

  0 comments   0 trackback

土曜日は朝はまだ雨が残っていたので、
めずらしく夕方になぎさ公園へ。

やっほ~!
金曜日までものすごく暑かったのに、土曜日は寒いぐらいだったので
お散歩するにはちょうどよかったです。



どれどれ~
この日は船着き場方面から



ん?
びわこホテルへ。



ふむふむ
何か食べるものか食べるとこないかな~?と市街へやってきたけど



なんじゃそりゃ
特にめぼしいものは何もなかったので、戻ることにしました。


結構調子よくスタスタ歩いたんですが、無理をしないよう帰りはカートで・・・
と思ったら、「下りて歩く!」と言い張る文太。

まぁ、歩けるなら歩いてみるか。
と、歩かせてみたら


なんと、走りました!


暖かくなってから足の調子はずいぶんよくなってきていたんですが
さすがにこの年になると普段の散歩で走ることはなかったので、
久しぶりに文太の走る姿を見れてうれしいビックリでした。



ボクのごはん~!
結局なぎさのテラスで早めの夕飯をとることに。



じぃーー


ボクのは?
くもりなきまなこで圧力をかける文太。食欲だけは全く衰え知らず。
(いや、もしろ昔よりも旺盛になってる。(笑)



そして、帰宅後・・・


ほれ、こんな悪いことしてるけど?
お出かけ後のナチュラルハイでまだまだ遊びモード。

てか、テーブル乗んな!!



14歳でもまだまだ元気な文太です~。