FC2ブログ

文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

やっと、進めた。

  0 comments   0 trackback

先週末はおとうはんが仕事でいなくて、車もなかったのでお出かけはなし。

さっくさく~

いつもの近所散歩だったんですが、昨日はすごく調子が良くて
久しぶりに40分コース。(最近は20分コースだったので。)
散歩の距離&コースは基本的には文太におまかせです。



は~
帰ってからはひなたぼっこをしつつ



よろしく頼むよ
日課の散歩後もみもみと



気持ちいい~♪
温灸ケア。たくさん歩いたので、いつもより念入りに。



よきかな



そして、昼からは意を決して2017年前半のフォトブック作り

なんで「意を決して」なのかと言うと、5月のあゆみが亡くなった前後の写真を
今までどうしても見れなかったのです。

昔の写真は大丈夫なんです。
それ以前の写真は今では笑って見れるんですけど
「あの日」とその前後の写真だけは衝撃が大きすぎて
ずっと自分の中で封印していました。

亡くなってからお空に帰るまでの数日、ずっと一緒にいて
またご丁寧にみんなと一緒の写真もアホほど撮ってたんですが
あのときはそれがごく自然なことだったんですけど、
時間が経ってからその写真も一切見れなくなっていたんです。

あゆみが亡くなってから、「あゆちゃんはこれからもずっと心の中で生き続ける。」
と信じてきたので、自分の中ではあゆみはまだ死んでないことになっていたので、
そうやってようやく立ち直れたので、
「あの日」の写真を見ると、せっかく心の中で生き返ったあゆみが
もう一度死んでしまう気がするからなんだと思う。

人生で一番辛かったあの日の気持ちが
もう一度よみがえってしまうからなんだと思う。

楽しかった記憶はいくらでも思い出せるけど、
辛い記憶は忘れてしまいたかったからなんだと思う。

それは多分未だに「死を受け入れる」ということができてないんやなぁ、
という自覚はありました。

自覚があったから、「もうちょっと。もうちょっとだけ。」と自分を甘やかしていました。
その反面、今年はちゃんと受け入れられるようになりたい、とも思っていました。
もういい加減前に進みたい、と。


節分が終わって立春の昨日、なんかちょうどいいな!
よーっし、がんばろう!!!


と、意を決してフォトブックを作ったわけです。



あの日の午前中の全くいつもと変わらない日常だった写真。
それから変わり果てた姿になってしまった写真。
でも、寝ているようにしか見えない写真。
動かなくなってしまったあゆみに時々近づいてはのぞき込んで神妙な顔をしている
文太、幸多、ちびの写真。


久しぶりに顔が腫れるぐらい声をあげて号泣したけど、
全部、ちゃんと見ました。
ちゃんと見れました。
泣きながらでも見れるようになったのは大きな進歩。(笑)



大丈夫
わんわん声をあげて泣いていたら、心配して(?)励ましてくれたおかあはん慰め隊。



久しぶりにいっぱい泣いたけど、無事フォトブックは完成。
涙と一緒にこれまでくすぶっていた何かが全部ふっとんでスッキリしました!



ふぅ~
あゆちゃーん!おかあはん、がんばったよー!!




遅いにゃ!
(T▽T)



こうしてある意味儀式のようなフォトブック作りのおかげで
ようやくちゃんと死を受け入れることができた気がする。

自分の哀しさや辛さを、ちゃんと自分自身で受け止めることができて
前に進めた気がする。


でも、これからもあゆみはずっと心の中で生き続けます。