文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

にーちゃん大好き

  0 comments   0 trackback

ちゅっ


んふふ


冷た暖かい♪






そして、数分後。



こーちゃんですにゃん♪
文太が寝ているところにむぎゅむぎゅ入ってきたと思われるこーた。



おしりあい♪


ムフ





そのころ、日陰のオトコは

そこかっ!?


おかちいにゃ?



捕まえたっ!


どや?


逃げられたっ!
家の中に入ってきたハエ退治業務にいそしんでおりました。




そして、またまた数分後。



熱くなってきたので
日向ぼっこが暑くなりすぎたのか、部屋の中で寝る文太。



ムフ
・・・に、またくっついて寝るこーた。

こーちゃんはにーちゃん大好きやなぁ(^^)




岐阜旅行 その6 郡上八幡&帰宅後のにゃんず

  0 comments   0 trackback

さてさて、長々と続いておりました岐阜旅行記もいよいよ最終回です。

高山でランチをした後、またまた車で1時間ちょっとの郡上八幡へ。

すごい景色
地震が来ても大丈夫なんかな!?と心配しちゃうような景色からスタート。


かわいい


素敵
やなか水のこみち










そして、おとうはんが楽しみにしていた、いがわ小径。



なんじゃ!?
鯉が泳いでいます。



それなにぃ?
早速横にあった鯉の餌を買って餌をあげるおとうはん。



その手に持ってるのはおやつやな?


同情するならそれをくれ!
いやいや、捨ててるんちゃうんやで。鯉にあげてるんやで(^^;)



いこ、いこ。


また捨てた!
エサの行方が気になる犬。



えさえさえさえさ


えさくれー!
わらわら集まってきました。



ボクにはくれへんのかい!
「はい、おわりおわり。」



いい感じ♪
もうちょっと街を散策。



趣ある街並み
ゆっくり堪能した後、郡上八幡を後にして帰途につきました。



郡上八幡城
町中ではお城が見えなかったので、帰りの高速から撮った郡上八幡城。



今回の旅行はどこもかしこも私の大好きな古き良き日本の風景で和心を満たされて、
文太も楽しそうだったし、初めてのごちそうにもありつけて、よい思い出になりました。




そして、帰宅後・・・



こーちゃんを置いていって!
にゃーにゃーお出迎えのあと、嬉し怒りでゴロゴロ言いながら手をかむこーた。
お留守番ありがとうね♪



そして、帰っても姿の見えないふたりを猫部屋@小屋裏に見に行くと・・・

ぼーっ・・・


まぶしいけど?
あ・・・いや・・・あの・・・ 帰ってきた挨拶にと思って。



眠い・・・
あ・・・寝てたのね。ごめんね、寝てるとこ起こして。
うん、あれやな。いつも通り過ごせてたみたいで何よりよ (´∀`*)












泣いたのは~ ボクだった~
 (TT▽TT)











そして、数十分後。


寂しかったにゃ


かわいいよ

あれやな、あゆちゃんはおかあはんには「おかえり」ないけど
にーちゃんにはちゃんと言うんやな。(´∀`*)










泣いたのは~ ボクだった~
 (TT▽TT)







いや、ほんと、猫たちも文句も言わずにおりこうにお留守番してくれて
本当に安心しました。(私が寂しかったけどっ!)




というわけで、明日から通常更新に戻りま~す。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。



岐阜旅行 その5 飛騨大鍾乳洞&高山

  0 comments   0 trackback

ホテルをチェックアウトした後、まずは車で15分ぐらいのところにある飛騨大鍾乳洞へ。
ここは犬もリードで入れるのです。

ほぉ~


激しいなっ


すげ~
色とりどりのライトに照らされた鍾乳洞が続きます。



頭上注意

所々低くなっているところがあって、身長178センチのおとうはんは苦労していました。
(150センチのおかあはんは「かがまなくても普通に歩けるもんね~!」と高笑い。)



なるほど
お酒の貯蔵庫があったり



まじか。
うどが栽培されていることにびっくりしたりしながら



昔のディスコみたいやなっ
近未来チックな通りを抜けて



がんがんいくでぇ
息切れするぐらいのものすごい坂になってるところを上がると
(文太が全く平気でガンガン行くので、ついていくのに必死でした ^^;)



なんや、もう終わりか

ゴーーーーール!
全部見て回ると30分ぐらいでした。



めんどくさ
外で一応記念撮影。



さて、そこからさらに車で30分ほどの高山市内へ。

寒かったんすよ
まずは宮川朝市から。



いいところやねえ


いっぱい寄り道♪
いろいろおみやげを買ったりしてゆっくり散策。



来たねぇ
そして、いよいよ古い町並みへ。



絵になるねぇ
古き良き日本の風景が続きます。












ここは何かね?
ちょいちょい店の中に勝手に入ろうとする犬。



わらわらわらわら
それにしても、朝からすごい人、人、人。
外国人観光客もすごく多かったです。



人多すぎやろ


何やねん
「かわいい~♪」とおばさま方に取り囲まれるの図。


白川郷でもそうだったんですが、文太と歩いていると外国人観光客に声をかけられ
「一緒に写真を撮ってもいいですか?」(←もちろん、文太とですよ)と
写真を撮ってもらうことが多かったです。
海外(主にアジア)ではまだフレンチってめずらしいのでしょうか。



ちょっと人がましになったわ


いい景色


ここも朝市
陣屋前朝市。



16120227.jpg

そして、お昼は宮川朝市沿いにある匠館の3階のイタリアンレストランへ。
テラス席はペット同伴可です。
テラス席とはいえ、日も当たるしストーブもあったので暖かかったです。



鯉-!
お店を出ると川に鯉?にえさをやる親子が。


おなかいっぱいになったところで、今度は郡上八幡に向けて出発!


というわけで、旅行記はいよいよ次回最終回です。



岐阜旅行 その4 あさんぽ&朝食&室内ラン

  0 comments   0 trackback

怒涛の一日目を終え、ゆっくり寝た翌日。

さぶっ
まだ雪の残るホテル周辺のお散歩コースを散策。



なるほど
ホテルのレストランの裏です。



行かへんけどな
小川も流れています。



どんどん行くでぇ
夏場は涼しくて気持ちよさそう♪



めっさ吠えてはるやん
外にもドッグランがあります。



ちょうどええわ
敷地内の散歩道約700mをぐるーっと回って帰ってきました。



またここやー♪
部屋に戻ってから文太の朝ごはんを済ませて、飼い主たちの朝食へ。夕食と同じ場所です。



ないやん?
いやな予感しかしない・・・。



忘れるとは何事!
やっぱり・・・ (^^;)



ボクのごはん、忘れてますよー!?
違うねん。朝は文ちゃんの分はないねん。




なんやとぉ!


ねっ!?
都合のいいことの上書き保存機能が半端ないっしょっ!? (T▽T)


朝も犬用ごはんを出してもらえるのかどうか聞いてもなかったけど、
できるのなら朝も頼めばよかった (^^;)
(注文したときに受付でも聞かれなかったので、朝はできないのかもしれないけど。)


ま、どっちにしても文ちゃんはさっき部屋で朝ごはん食べてきたから我慢してぇな。

こうなったら・・・!

おかあはん以上に最近甘々になっているおとうはんに
味のついてなさそうなものをいろいろもらいましたとさ。




朝食からの帰り、
広いな。
室内ランに誰もいなかったので、ちょっと入ってみました。



いろんなわんこのニオイするけど
自由に走り回れるとこやで♪



走らへんけどな
・・・て、あんたは走らんよねぇ。



何?
はいっ、文ちゃん!そこの白いとこくぐってこっち来てみ!



白いとこいかなあかん意味わからんし
行かんよね~(^^;)@ドッグランでランしたためしのない犬。



外の景色
早々に部屋に帰ってきました。窓から見える景色がきれい♪



ステキ♪
朝日が顔を出しました。今日はいい天気そうだーっ!



・・・ってことで、二日目の観光に続く。








岐阜旅行 その3 夕食&お風呂

  0 comments   0 trackback

昨日の続きです。

休憩した後、待ちに待ったごはんタイム!

どこかな~?
食事は館内のレストランへ。もちろん、犬連れOKです。


今回の旅行にあたり、いろんな旅館を探していたんですが
「ペット同伴可」であっても、わんこは室内すらも禁止で別棟のケージに預かりとか
(↑おかあはんの辞書では、これは「ペット同伴不可」と同義です)
室内には入れても「食事場所へはペット同伴不可、犬は部屋で留守番」だったり
(↑おかあはんの辞書では、これすらも「ペット同伴不可」と同義です)
という旅館やホテルも多かったのですが、
こちらはさすがに「わんわんパラダイス」を謳うだけあって、
本当に犬連れには至れり尽くせりでした。



おおっ?
右側にあるかごはわんこがイスに乗る用のもので、バスケットかマットを選べます。
(もちろん、犬は床に座らせるのもOK。)



これまで普通のカフェ(テラス席のみわんこOKというような)ではもちろん、
ドッグカフェなどで「イスに座ってもいいよ」というようなカフェやレストランでも
文太をイスに座らせるということを私はしませんでした。
(食後に自分のひざに抱っこはありますが。)

なぜかというと、犬は都合のよいことを上書き保存する機能がびっくりするぐらい優れていて
Aというカフェではいいけど、Bというカフェはダメ、となった場合
一度いい思いをした犬は「なぜあそこはよかったのにここはダメなのか」が理解できずに
余計なストレスをかけてしまうからです。

それならば、最初から「カフェでは床でおりこうにする」というルールにしておいたほうが
犬にとってもわかりやすいと思うのです。
文太と一緒にいろんなところに行きたいがための自分のルールだったのです。


が、しかし。


今年は12歳にして去勢手術もして、しかも危うくまた死にかけるという経験もし
これまで厳しくしつけてきたけど、文太もシニアという年齢になって
少しずつ自分の中のルールも緩んできている今日この頃。

それに、今回は文太のための旅行。
文太に楽しんでもらうことが目的なので、いっぱい喜んでもらおう!!


というわけで。



今夜は無礼講!



イスやん?
家以外で初!?イスに座ってみました。
(イスには用意していただいたマットを敷いています)



なんと!
そして、テーブルの上には文太用のごはん♪

こちらはチェックインのときに注文すれば、一緒に出してくれます。
ひとつを選べずにいっぱい頼んじゃった♪
(もちろん、いつものごはんは少な目にしておきました。)



すげー!
まずは飛騨牛の炙りから。


なんじゃこりゃー!


まだまだあるやん!


うましっ


休憩


残ってるやん?
文ちゃん、そんなにハイペースで食べたらおかあはんたち終わるまでになくなってしまうで。



なんや、ええニオイするやん
食べるんかい!



まだ食べたいー
だから言うてるやん。



今回人間様のごはんの写真を全然撮ってないんですが、
人用のごはんも本当にどれも美味しかったです!



食べすぎて胃がはちきれそうになる中、今度はお風呂へ。

温泉
お風呂は本館から少し離れたところにあります。

大浴場ではなく、個室の貸し切り風呂でしかも温泉♪
そして、別料金にはなりますが、なんとわんこと一緒に入れる貸切風呂もあるのです!



いえ~い♪
私たちはもちろんわんわん浴室を選択。



お風呂棟
いくつか並んでいます。



わんこ用お風呂セット
受付でタオル、ドライヤー、シャンプーなどの犬用のお風呂セットを貸し出してもらえます。



お風呂の中
一緒に、とは言えもちろん犬と人は別の浴槽です。



ちょっとイヤな予感が・・・。
余談ですが、洗面所は床暖が効いていて足元があったかかったです。
こういう細やかな心遣いも嬉しいですね~♪



なんぢゃ!?
いざ、入湯!



16113020.jpg


まぁ、「犬と一緒に入る」と言っても、文太をお風呂に入れるつもりはなく
(乾かすのとかめんどくさいし)
「お風呂の時間も一緒にいれるよ~♪」 というのが最大の目的

いつもならおとうはんと交代で部屋で待っててもらわないといけないので
温泉だろうが何だろうが、ゆっくりつかるということはなく烏の行水のお風呂タイムだったのですが
それをしなくてもいいので、この旅中片時も離れずにいられて温泉も満喫できる、っていう(*´艸`*)
(しかも、ここの貸し切り風呂は時間制限なし。)



何したらええんやろ


そうさな


ぼーっとしとくか


もうええんちゃう?


まぁ、結局文太が微妙な感じだったので、長風呂はせずほどほどで出ましたけど(笑)
お風呂から出たらすぐに就寝。9時半ごろには寝てました。(子供かっ。)


そんなこんなで、怒涛の一日目終了。
翌日に続く。