文太部長一家のロハスな毎日

フレンチブルドッグの文太部長と3にゃんず、幸多、あゆみ、ちびの仲良し日記とドッグフェイム情報。 

About us

*フレンチブルドッグ 文太部長*
散歩とごはんとおかあはん命。
弟妹喧嘩を仲裁する世界のケーサツ。

*茶トラ猫 幸多(こーた)*
普段はクールを装っているが、
実は一番甘えん坊で超マザコン☆

*白グレー猫 あゆみ*
下僕どもをあごで使い倒す
クールビューティツンデレクイーン。

*サバ白 ちび(Tibby)*
世渡り上手の罰当たり。
ちびの辞書に「遠慮」はない。 

どうしてこんなことになってしまったのか・・・

  1 comments   0 trackback

昨日に引き続き、甘えん坊将軍@ちびの話ですが。

夕方になるといつも奴はやってくる。


もうこんな時間ですよ
まだ早いやん。もうちょっと待ちぃな。



絶叫!
はいはい、もうしょうがないねぇ。



ちゃっちゃとしてー!
わかってますがな。



逃げてにゃいでしょうね
はいはい、来てますよ。



んふふ~ん♪


ボクちん、食べるからね




いやいやいやいや。


ごはん入っとるやないか~い! 












「おかあはん、それ見たことあるよ?」
と思ったマニアックなアナタ。


正解!



去年もほぼ全く同じ記事を載せてます。
(だって、毎日同じことしてるんだもーん (T▽T)

そして、同じことをこーたにもあゆみにもやられます
(上ふたりに教えてもらったんか??)



しかし、ここからが甘えん坊将軍@ちびの真骨頂。
彼はここからさらに進化したのである。



ちびがごはんを食べている間に、洗い物をしたり片づけをしたりしていると・・・

ぷんぷん
もう食べたん?



おかあはんのアホー!
いやいや、ここで見てましたやん!



こっち来ちゃうぞ!

こっちは危ないから来たらアカン、て。
あんたたちがのぼっていいのは茶色いとこだけて言うてるやろ。
わかりましたがな。そっち行きますがな。



全くもう!
はいはい。



世話のやけるおかあはんだにゃ!
おいしいかい?




(もうええかな?)







ムッ
(こっそりこっち来たった ( ̄ー ̄)ニヤリ)



・・・・


・・・・


またこっち来てるー!
あっ



悪いおかあはんにゃ!
えー、マジっすかー (´ε`;)ウーン…



今度こそ
はいはい。


そっち行っちゃだめだぞ☆



こうして、ちびがごはんを食べる間、向かいのシンクで家事をすることも許されず
ただただちび様の召し上がる姿を横でじーーっと拝見しておかなければならない
おかあはんなのであった・・・。




・・・という動画がこれ ↓

おかあはんが動くと同時にキッチンの方についてくるのがおわかりいただけるだろうか・・・。



なんで題名が「part2」なのかというと、これは今日撮った動画ですが
1か月前にもほぼほぼ同じ動画を撮っているから。




1万歩譲って、ごはんに付き合うのは許すとしても
せめて見ながら家事ぐらいはさせていただけませんかー (T▽T)




おかはあん君


自分の作品やで


やっぱり私が悪いのか・・・。_| ̄|○ il||li



閉めてはいけない part2

  1 comments   0 trackback

熱い熱いオリンピックが終わりましたね~。
今年はいつにもまして興奮&感動の多いオリンピックでした。

そんな熱い熱いオリンピックとほぼ同時期にやってきた猛暑が
オリンピックとともに去ってくれることを祈るばかりですが (^^;)


滋賀に引っ越してから3回目の夏。
朝晩も蒸し暑くて24時間エアコンつけっぱなしだった京都と比べると本当に過ごしやすくて、
これまでは夜もほとんどエアコンつけずに寝られていたんですけど、今年は暑すぎるっ。

・・・というわけで、夜も当たり前のようにクーラーをつけているわけですが
ある時、あるはずのないものがそこに・・・。



16082201.jpg

さーて、これはだーれだっ!?














こたえ
 ↓



暗闇にいますけど?
ちびでした。




そんなとこで何してんのよ。

ここが好きにゃの


ここにいますけど?
そんなとこにおらんとこっち来たらええのに。



じゃ、電気消すよ。

ボクちんここにいるから。
エアコンつけてるし、あんたたちがこっちこーへんねんやったら閉めたいけどなー。



ちょこん


これでどうにゃ!
そんな無理やりな (^^;)



なんでわざわざそんなとこで


暑いし。


ここを閉めているとガリガリひっかかれて「開けてぇー!!」と絶叫されるので
猫たちが出入りできるぐらいの隙間を開けているのです。

幸多とあゆみは行きたいときにここから出入りしているのですが
ちびだけは出るでもなく入るでもなく、ただ「ドアを閉められた状態」がイヤなようで
下のドア同様、ただただ開けさせられています・・・。



こっちのドアこそ犬猫用ドアを付けとくべきだったなぁ。。。

ここから自由に出入り可能

・・・と、今になっては思うんですが、ここに犬猫ドアをつけなかったことには理由がありまして。


ちょうど家づくりで内装等を考えていたとき、動物病院で衝撃的な出来事があったのです。
待合室で順番を待っていると、小型犬の老犬を抱いたおじいさんが診察室に入り
「階段から落ちましてん!もう死んでますやろ!?」




エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?





なななな何それ!?






話を聞いていると、どうやら階段を踏み外したのか上から落ちてしまい
かわいそうに、打ちどころが悪くて亡くなってしまった模様。

他人事ながら、なんか色々ショックで、そのことが頭から離れず・・・。



新しい家で老後を迎える文太のために、老後も見据えた家づくりを考えていたのですが
年を取れば足腰も弱くなるし、認知症になって徘徊するようになるかもしれない。
そうなれば階段を踏み外して落ちてしまうってこともあり得るんやなぁ、と。
(文太はそもそも階段の上り下りは禁止で、基本階段は抱っこで行き来してるんですが。)

2階で留守番をしていて、私が帰ってきたときに喜んで階段を駆け下りて落ちてしまう、
なんてことが絶対にないように、私の目の届かないときに階段を行き来できないように
ここは自由に出入りできないようにしよう!


・・・と心に強く誓ったのです。
だから、こっち側のドアは犬猫用ドアはなし!と。



でも、実際留守番のとき文太はいつも下で待っているし
どっちにしても猫たちには開けろ開けろ言われるし (^^;)

よく考えてみれば、猫たちは自由に行き来できて文太だけ階段を行けないようにするには
階段に柵を作りゃーええことやったな、と。。。


んま~、後の祭りですが☆



そういうわけで、暑いさなかエアコンをつけていてもドアを開けっ放しにさせられている
文太家なのであった。(ちなみに冬もね☆)



安心の証

  0 comments   0 trackback

お足きゅっ♪
あゆちゃまが机の上でお股おっぴろげて寝ています。
(背後が散らかっててすいませ~んっ)



くるっ
あっ、こっち向いた♪きゃわい~~(n*´ω`*n)



よっこい
また寝返りうつのか?



しょっと
・・・と思わせて開きっ


こうやってお腹丸出しで寝てるのって、心底安心している証なんですよね~。
だから見ていると癒されるし、ずーっと眺めていても飽きません。




写真撮っとるにゃ?
あっ、見つかった



カメラ向けるなっちゅーの
ごめんちゃい。



寝起きだからにゃ
・・・と言いつつ、キレイキレイしてるのもきゃわいいので撮っちゃう



いつもより丁寧に


おにゃのこだからにゃ
(*´艸`*)






全然関係ないけど、こちら相変らず長いヒト。

ストレッチ


バックショット
タマタマがなくなっても、ついつい後ろから撮っちゃう
しぼんでうっすらピンクになってるのが余計エロいわ(笑)

謎の集会

  0 comments   0 trackback

夕方、仕事終わりのごはん待ちの時間。

とゆーわけで


だらっと寝てやんと


チミはどう思うねん


どーでもいいっす


なんやと!?


そんな投げやりな!


困ったもんだね
なぜか議長がご立腹。



・・・ということをしながら、おかあはんが終わるのを待たれています。
そして、「はい、みんな二階行くよー!」というと、
ブレーメンの音楽隊よろしく、みんなで連れだって二階に行ってごはんタイムになるのであった。






ちなみにこの謎の集会、

つまり寝とくってことや

朝バージョンもあります。(散歩から帰って水やりとか庭仕事を終わるのを待つ間。)
夜とフォーメーションがほぼ一緒、っていう(笑)


暑すぎて

  0 comments   0 trackback

じぃー・・・
真剣に見ているちびの視線の先には



ちゅんちゅん♪
すずめさん



暑すぎー
こちら、だらっと兄弟。



カメラ向けんにゃ!
あゆちゃまも体力温存。



ここも気持ちいいの
基本冷たいところで寝てます。



引きこもり感サイコー
時々個室で黄昏る。



すんすん
こっそりにーちゃんの尻のにほひを確認。



やれやれ♪
ソファで文太とくっついてラブラブしながらオリンピック観戦を楽しんでいたら
甘えん坊3号に割り込まれるの図。




このお休み中、なんだかもう暑すぎ。

わんにゃんもほぼずーっと寝て体力温存していたので、
私も家にいる間は何もする気が起こらず、ダラダラ生活をたっぷり楽しみました♪


これでいいのだ!